「蛇口をひねれば水が出るようにUberを」 カラニックCEOの描く“相乗り”ビジネスの未来


米Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2015」(9月15~18日、米サンフランシスコ)にUberのトラヴィス・カラニックCEOが登壇し、マーク・ベニオフCEOと対談した。カラニックCEOは「世界中どの都市でもUberを水道のように当たり前の存在に」という“水道哲学”を語った。

photo
Uberのトラヴィス・カラニックCEO(右)とSalesforce マーク・ベニオフCEO

同じサンフランシスコを拠点に世界に展開する2社。国内外から16万人以上が参加するDreamforceの時期は「Uberの利用も多く、私たちにもパートナーにもうれしい時期」とカラニックCEOは笑う。

便利に、安く、驚きのあるドライブ

個人の車をタクシーのようにスマートフォンで呼び出せる配車サービスUberは2008年にスタート。世界70都市以上で展開しており、1分間あたりの利用数は数千回にのぼっているという。

カラニックCEOはUberの魅力と最も努力している点は「最も安く、最も効率的に移動できる信頼性」と話す。そのために、きちんとしたセレクションを通過したパートナー(ドライバー)をできるだけ確保するとともに、料金調整や需要予測のアルゴリズムなど技術的な面にも力を入れる。

「より速くピックアップするために最も重要なのは、リアルタイムに未来の需要を予測し続けること。15分後にニーズが増えそうな場所にいかにドライバーを流すか」(カラニックCEO)

photo
Uber トラヴィス・カラニックCEO

新たなサービスを考える際に大事にしているのは利便性、低価格、“マジック”(驚き)の3点――と、昨年サンフランシスコで導入した、行き先が同じ方向のユーザーが複数人で1台に相乗りできるサービス「UberPOOL」を例に話す。ベニオフCEOも「相乗りで価格を抑えるだけでなく、人との出会いやコミュニケーションがあるのが新しく興味深い価値」と評価する。

Uberのビジネスモデルには既存のタクシー業界などからの反発の声も絶えないが、「むしろこれまでが売り手と買い手の関係が上手くいっていなかった」とここまで成長してきた成果を踏まえて言う。

ユーザーは自家用車を所有する維持費や駐車代より安く、必要な時にピンポイントに車を利用し、ドライバーは自分の空いた時間を有効に活用し、都市全体では交通渋滞を軽減しながら雇用を創出する――「もちろん常に解決しなくてはいけない問題は多い」としつつ、それぞれにとってニーズを満たすものであるビジネスであることを示し、“街を楽しむ”をコンセプトに、世界的なさらなる事業拡大を目指す。

Uberを「水道のように当たり前」に

2月にはカーネギーメロン大学と共同研究を始めるなど、自動運転技術にも興味を示す。事件や事故を防止する安全性、渋滞を減らす可能性に期待しているという。

既存のドライバーの仕事を奪う可能性もあるが――という問いには「技術革新の過渡期には常に問題が付き物だが、社会全体で見れば必ずプラスになるはず。産業革命の前後で労働生産性が大きく変わったように、ロボットや自動運転はいずれ受け入れられていくだろう。サービスはテクノロジーの一部であり、新しい技術に合わせた新しい考え方、やり方を常に探求し続けなくては」と自身のスタンスを語った。

「蛇口をひねったら水が出てくるのが当然で、シャワーを浴びる時間をあらかじめ計画する人がいないように、Uberがあること、使うことが当たり前の世界にしたい。ダウンタウンを走る車が全てUberの車になるのが目標」(カラニックCEO)

 

暴れん坊Uberが東京で受け入れられるワケ

各国で規制違反が問題に、一方で日本は?

「Uberのようなオンデマンドサービスの普及を促すことで、日本人のオリジナリティを生かした新たなサービスができたらいい」と語るUber Japanの髙橋正巳社長。
 スマートフォンのアプリを使って、タクシーやハイヤーの即時配車ができるサービスを手掛ける米Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)。パリでタクシーを捕まえるのに苦労した経験から、トラビス・カラニックCEOらが2009年3月に立ち上げたサービスは今や、世界54カ国、250都市以上に広がっている。
 サービスを展開する都市ならどこでも2タップでクルマが呼べ、しかも支払いは登録済みクレジットカードで自動的にできる利便性の高さから、利用者も爆発的に拡大。2014年の大みそかには世界で約200万人が利用した。その成長性にベンチャーキャピタリストなども注目しており、投資会社などがこぞって出資。未上場ながらその企業価値は400億ドル(約4.8兆円)ともされる。一方、進出した都市や国では、規制違反などの理由から、タクシー業界団体や規制当局からサービス停止を求める動きも出ている。
 日本には2013年11月に進出(本格運用は2014年3月)し、現在東京の一部エリアを中心に展開している。日本ではどうやって利用増を図りながら、既存タクシー業界などと折り合いを付けていくのか。Uber Japanの髙橋正巳社長に聞いた。

 

――東京で本格的にサービスを開始してから10カ月経ちました。

サービスの本格開始前から、東京という街でUberがどのように受け入れられるか、われわれも一番関心のあるところだった。電車やバス、タクシーとこれだけ交通の便が発達している都市にもかかわらず、ふたを開けてみたらパリやロンドンで始めたときの2~3倍ほどの需要があった。ここまでユーザーに受け入れられた理由の一つは、ドライバーや車両、サービスの質を、評価システムという形できちんと見られることによる安心感にあると思う。もう一つはやはり利便性。シンプルに2タップでクルマが来ることはこれまでになかった。こうした点が日本のお客様にかなり受け入れられているという感触がある。

 “ウバ通”する人も少なくない

――これまで東京中心にやってきていると思いますが、当面この方針に変わりはないですか。

ハイヤーとタクシーでは若干異なるが、現在は山手線の下半分の地域を中心に据えている。新たなパートナー会社と契約したときに、配車可能なエリアを広げるのか、それとも既存エリア内で配車台数を増やし平均到着時間を短縮するのか、という選択肢がある。既存エリア内でもまだ需要に対応し切れていない時間帯や地域があるので、まずはその部分の充実を図っている。実際こうした試みの成果も出てきており、アプリを通じて配車を頼んでからドライバーが到着するまでの平均到着時間は、サービス開始よりも2~3割短縮している。また、2015年は、東京以外の市場への拡大も狙っていきたい。

――利用の多い時間帯や、利用者などの特徴は。

利用がもっとも多いのは夜10時以降など夜の時間帯。もう一つは朝の7~9時台。われわれは“ウバ通”と呼んでいるのだが、Uberで通勤されるリピーターも少なくない。属性に関する情報を入力せずアプリを使えるようにしているので、われわれが統計をとっているわけではなく、パートナー企業からフィードバックを得ている情報の範囲内で言えば、多いのはテクノロジー系のサービスへの関心が高い方や、海外を行き来していて、こういうオンデマンド技術やサービスに慣れている方。また、トレンドに対する感度が高い方も多いと思う。肌感覚に過ぎないが、日本では比較的女性の利用が多いようにも見受けられる。

配信元でみる(1)

配信元でみる(2)

2 thoughts on “「蛇口をひねれば水が出るようにUberを」 カラニックCEOの描く“相乗り”ビジネスの未来

  1. Pingback: Peruvian alpaca clothing the best alpaca shop of peruvian clothing

  2. Pingback: Bdsm, dungeon, neko, furry

Comments are closed.