たくましい女性CEO:マリッサ・メイヤー②


あっというまに最重要人物に

グーグルのためになら、なんでもする覚悟がマリッサ・メイヤーにはあった。しかし、二〇〇一年初頭、シンディ・マキャフリーの頼みには応える気になれなかった。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙のテクノロジーコラムニストとして知られるウォルト・モスバーグが、グーグル本社にやってくる。グーグルマーケティング部長のマキャフリーは、モスバーグの前に座って、会社について話す人物を必要としていた。

マリッサ・メイヤーほど、この役にうってつけの人物はいない。

 一九九九年に入社して以来、メイヤーは一目散に出世の階段を駆け上り、あっというまに社内で最も重要な人物の一人になった。UIミーティングを率いるのは彼女だ。あらゆるプロダクトが、彼女の審査を通過しなければならない。ラリー・ペイジのプロダクト会議を支配しているのも彼女だ。加えてメイヤーは「リリースカレンダー」という新しいプロセスも導入した。毎週、メイヤーが社内の各部署(マーケティング、法務、エンジニアリング、広報など)から代表者を集め、その週に提供開始をする(リリースする)予定になっているプロダクトを確認する。全員が青信号を出さない限り、プロダクトの提供は開始されない。しかし、メイヤーの前で製品のリリースを遅らせたいと意見するには、確固たる理由を説明しなければならない。プロダクトをリリース予定の週までに完成させられなかった者たちへの圧力はものすごいものがあった。

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンを除けば、メイヤーほどグーグル製品のロードマップをよく理解している者はいない。マキャフリーはそう信じて疑わなかった。

だから、マキャフリーはウォルト・モスバーグとの会談に応じるよう、メイヤーに頼んだ。メイヤーは断った。その日は予定が立て込んでいる、が理由だ。複数の会議が続く。ごめん、ほかの人を探して。

その日忙しいというのは本当だ。しかし申し出を断ったもう一つの理由は、やはり彼女の内気さにある。彼女にとって、それは初めてのメディアインタビューだった。

マキャフリーは粘った。もしやってくれるなら、パロアルトにあるスパリゾート「ウォーターコース・ウェイ」の招待券をあげるわ。

メイヤーは納得した。モスバーグの相手をすると約束した。

当日、二人はメイヤーのオフィスで会談した。メイヤーはモスバーグを圧倒した。数字やエピソードや議論の数々が、彼女の口から洪水のように、ものすごいスピードであふれ出てきた。ときおり、「フフフ」が入る。驚くほど雄弁で、思慮深く、自分の仕事と会社に誇りをもった女性。モスバーグはメイヤーをそう評価した。

マキャフリーが知る限り、このインタビューは大成功だった。

 

なぜメイヤーは成功できたのか

メイヤーの勝因は三つある。

その一。メイヤーはグーグルのユーザーに関するどんな詳細もすべて覚えている。たとえば、あるUIミーティングでメイヤーはプロダクトマネジャーに、ページに使うブルーの色を現状のものからニュアンスの違うブルーに変えることを求めた。しかし、単にそう言うのではなく、どのニュアンスの色を使ったときに、ユーザーのクリック率が最も高くなるのかを調査した統計結果を引用したのだった。モスバーグには、彼女はグーグルの技術に深く精通しているに違いない、と映ったはずだ。

その二。メイヤーは子供のころから、物事を〝準備〟する能力に秀でていた。だから、重要な会議やプレゼンテーション、あるいはインタビューで、想定外の質問が出て困るといった場面を経験したことがない。

その三。メイヤーは心の底からグーグルに誇りを感じ、情熱を捧げていた。それが話を聞く者にも伝わった。そのため、いくら一方的に話しても、不快と思われなかった。それどころか、その饒舌がチャーミングなカリスマ性と見なされた。

 会談の数日後、モスバーグはコラムを発表し、そこに「完全、スマート、スピード、誠実──グーグルこそ、検索エンジンのあるべき姿だ」と宣言した。

安心してメディア対応を任せられる人物のリストに、マキャフリーはメイヤーの名を記した。

二〇〇二年、マリッサ・メイヤーの新しい上司はいい人材を雇い入れることがうまくできなかった。メイヤーもそのことに気づいていた。

上司の名はジョナサン・ローゼンバーグ。プロダクト部の副主任として、その年の初めにグーグルにやってきた。彼はかつてエキサイト・アット・ホーム(Excite@Home)という破綻したスタートアップ企業に勤めていた。

ローゼンバーグは勤勉な管理職だ。それに、若いころからずっと上司に気に入られる才能がある。しかし、グーグルではあまり活躍できなかった。グーグルの新しい〝大人の監督〟としてCEOに就任したエリック・シュミットはローゼンバーグのことを気に入っていたが、共同創業者の一人として実権を握るラリー・ペイジはローゼンバーグとそりが合わなかった。

会議などの席上、ローゼンバーグは典型的な大企業の重役のように振る舞った。よくできた業務計画や市場リサーチ、あるいは製品のロードマップなどを、つぎつぎと披露した。ペイジはそれらを笑い飛ばした。そんなものはうちでは必要ない、と彼は言った。

 

「APMプログラム」という発明

メイヤーの目には、ローゼンバーグは本業のほうでも成果を上げられずにいた。ローゼンバーグにはグーグルが計画しているすべてのプロジェクトを統率するプロダクトマネジャーを雇用することが求められていた。

ローゼンバーグは外に目を向け、ハーバード大学やスタンフォード大学のMBA課程を卒業した優秀な人材を連れてくる。彼らをペイジに披露するが、ペイジが首を縦にふらない。そうしたことが繰り返された。

 しびれを切らしたメイヤーはローゼンバーグに助け船を出した。

MBAをプロダクトマネジャーにするのをやめ、ビジネスに強い関心をもつコンピュータサイエンスの卒業生を見つけたほうがいい、と彼女は助言した。そして付け加えた。私のような人間がグーグルでうまくやっていけるの。ラリーも、同じようなタイプの人間よ。

彼女はローゼンバーグに、スタンフォード大学のコンピュータサイエンス授業のことを話し、そこではそのコースを終えたばかりの学生がアシスタント教師として次学期からの授業を受け持つことを説明した。同じくグーグルも、学校を出たばかりの人々を雇用するキャンペーンを始めたほうがいい。そうすることで、インターネットやテクノロジー、あるいはビジネスに対する会社の上級管理者たちの考えを、もっと〝グーグルっぽく〟することができる。

そうして雇い入れた人々を「アシスタント・プロダクトマネジャー」とでも呼べばいいと彼女は考えた。

メイヤーがペイジと親しい関係にあることを、ローゼンバーグは知っていた。ペイジのことを彼女ほど理解している人物はほかにいない。彼女のアイデアなら、ボスも納得するだろう。

ローゼンバーグは言った。わかった、そうしよう。君がそのキャンペーンを担当してくれ。

彼女は自分の考えを実行に移した。

数カ月後、メイヤーは最初のアシスタント・プロダクトマネジャー、通称APMを雇用した。スタンフォード大学を卒業したブライアン・ラコフスキだ。メイヤーは彼をグーグルの極秘プロジェクトに投入した。ウェブベースの電子メール製品、〝Gメール〟の開発だ。このプロジェクトにはすでにたくさんのエンジニアがかかわっていた。そこに突然二二歳の若造が〝上司みたいなもの〟としてやってくるのだ。開発メンバーが腹を立てても不思議ではない。

そこで、メイヤーはラコフスキに言った。偉そうにしてはだめ。あなたは彼らのボスじゃないの。彼らはみんな経験が豊か。あなたが望むことを彼らにしてもらうには、十分なデータを見せて、なぜそうする必要があるのか納得してもらうしかないわ。結果、ラコフスキとエンジニアチームは打ち解けた。

 

→配信元で見る

One thought on “たくましい女性CEO:マリッサ・メイヤー②

  1. Pingback: GVK Bioscience

Comments are closed.