ジョージ・イーストマン[コダック社創業者]ポータブルカメラで世界を変えた発明者


ジョージ・イーストマン(1854~1932)は写真の大衆化を果たしたアメリカの産業資本家だ。イーストマンが参入する以前、写真撮影は一部の専門家だけに許された狭い世界にとどまっていた。扱いのやっかいな機材を理解し使いこなせて初めて、やっとささやかな写真が撮れる、というしろものだったからだ。イーストマンはこのような写真撮影のプロセスを簡略化し、誰にでも楽しめるものにした。

 イーストマンは、革新的な技術の開発に携わる一方、自分の会社イーストマン・コダック社では進歩的な経営にもすぐれた力を発揮している。それは当時としては、はるかに時代の先を行く経営だった。彼の指導のもと、その写真王国は、アシスタントが1人だけという設立当初の規模から、1万3000人の従業員をかかえるまでに成長した。オフィスの規模でいえば、発足当初の小部屋1つから、現在はニューヨーク州ロチェスターで約22万平方メートルの敷地に展開する、95棟のコダック・パーク・ワークスにまで拡大している。

成功への階段

イーストマンは3人きょうだいの末っ子としてウォータービルで生まれた。ニューヨーク州北部ウティカの南西約30キロにある村だ。5歳のとき、家族がロチェスターに引っ越した。父親が初めて商業学校の構想を考え出し、ロチェスターにイーストマン商業学校を設立したためだ。不幸にも、父の急死で学校は頓挫、イーストマン一家は苦しい生活を余儀なくされた。

14歳で学校を卒業すると、働いて家計を支えなければならなかった。保険会社に入社してしばらくたったころ、帰宅後に経理の勉強を始める。当時の週給5ドルを上回る仕事につけるようにしたかったからだ。1874年、保険会社に勤務し始めてから5年がたったとき、この努力が実を結び、ロチェスター貯蓄銀行でジュニアクラークの地位を手に入れた。週給は15ドル以上になった。

イーストマンの人生を変える瞬間は、24歳のときにやってきた。サント・ドミンゴでの休暇の計画を立てていると、仲間の1人が、旅行の記録を写真に撮るように勧めた。イーストマンは当時最先端だった湿板技術による大きな図体の写真機材を購入していた。カメラ本体だけで21インチのコンピュータ用モニター並みの大きさがあり、これを三脚に取り付けて撮影する。この他にもガラス板、化学薬品類、ガラス製タンク、ガラス板ホルダー、現像用の道具などが必要だった。テントも持って行った。撮影直後、湿板の乳剤が乾燥しないうちに現像しなければならかったからだ。

結局、サント・ドミンゴまで撮影機材を持って行きはしなかったものの、しだいに写真が頭から離れなくなり、乾板のプロセス技術の完成に没頭するようになる。乾板とは、表面を特殊なゼラチンの乳剤で覆った薄い板のことだ。ゼラチンの乳剤は、撮影後すぐに現像する必要のある湿板とは違い、乾いた状態でも感光する性能を持っていたため、いつでも好きなときに撮影ができた。イーストマンはイギリスの雑誌で見つけたこのアイデアに着目し、改善を加え、3年間実験を繰り返したのちの1880年、乾板そのものとその乾板を大量に生産する機械の両方の特許を取得した。そして銀行を辞め、1881年の初頭、ヘンリー・A・ストロングをパートナーに迎えることになる。

自分が開発した革新的な技術の商業化の可能性に目をつけると、イーストマンはロチェスターのステート通りにあるビルを借りて、写真家向けの乾板の製造を始めた。操業当初から陣頭指揮を取り、経営手腕を発揮した。たとえば、販売業者に送った乾板に欠陥があることが判明したとき、不良の乾板をすべて回収し、良品と交換した。「不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった」とのちに語っている。「しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ」。1884年にイーストマン・ドライ・プレート・アンド・フィルム社が設立された。

この一件がきっかけで、イーストマンは、自分にはプロの写真家の仕事を楽にする以上のことができると気づく。本人の言葉を借りれば、「カメラを鉛筆なみの便利な道具に生まれ変わらせたい」と思った。

転機と決断

イーストマンがスライド用のロールフィルムとそのホルダーを完成させた段階で、めんどうな平板フィルムによる撮影の時代の終わりが見えてきた。写真撮影がついにアマチュアに手の届くところまでやってきた。イーストマンは、自分の開発した新しい写真フィルムを普及させようとして、あらゆる手だてを尽くした。広告のコピーにも取り組み、あの有名な宣伝文句「シャッター押すだけ、あとはコダックまかせ」を思いつく。

コダックの名称までも考えつき、1888年に商標登録、黄色を基調にしたカラーデザインも創作した。「コダック」の語源は何かという詮索が盛んだが、実際には、イーストマンの頭に突然浮かんだだけらしい。「この名前は自分で思いついた」と、ある自伝作家に語っている。「私は力強い勢いを感じさせるKという文字が好きだ。Kで始まりKで終わる膨大な組み合わせの中から、コダック(KODAK)を選んだ」

1888年にコダックのカメラが発売され、まもなくコダックの広告が至るところで目につくようになった。ロンドンのピカデリーに掲げた最初のネオンサイン広告によって、コダック・ブランドが伝説的な存在にまで成長した。1892年、同社は社名をイーストマン・コダック社に変更する。

イーストマンは当時の経営スタイルよりもはるかに先を行く、従業員を大切にする啓発的な経営姿勢を貫くことによって、コダックを育て上げている。1899年には、自分自身の財布から相当な金額を従業員全員に配分した。イーストマンの「給料配分」の方針に基づく初めての行動だった。これは同社株の配当金に連動して従業員に報奨を与えるという制度だった。1919年には同じような趣旨で、持ち株の3分の1、時価にしておよそ1000万ドルを従業員に譲渡した。同時に退職年金、生命保険、傷害補償の制度を創設した。

ジョージ・イーストマンのこの博愛主義は、企業の枠を越えて広まった。歯の治療施設、マサチューセッツ工科大学(MIT)やロチェスター市当局をはじめ数多くの団体や組織までもが、その行為の対象になった。

中でもMITは特に優遇されている。2人の卒業生がイーストマンの有力なアシスタントになったからだ。「ミスター・スミス」の名前で2000万ドルの寄付をした謎の人物が一体誰なのか、長年にわたって調査が続けられた。年に一度のMITの同窓会のディナーで「ミスター・スミスに乾杯」となったときにも、イーストマンはその乾杯に加わっていた。

晩年、イーストマンは腰椎損傷が原因の障害に苦しんだ。活動的な生活ができない精神的苦痛が高じて、1932年3月14日に拳銃自殺を図る。享年77歳だった。

時代と業績

イーストマンは、面倒で扱いにくい科学的プロセスを、マスマーケット向けの製品に変身させた。写真技術の開発におけるイーストマンの先進的で革新的な手法のおかげで、大切な一瞬を記録するという手段が、誰でも手の届く価格で大衆のもとに届けられた。

イーストマンは「箱の中の製品は信頼できる」というマーケティング手法の生みの親でもある。彼は、テクノロジーは消費者が少し想像力を働かせるだけで使いこなせるようでなければならない、と言った。マイクロソフト社の「きょうはどこに行きたいですか?」も、「インテル入ってる」も、その下敷きになっているのはイーストマンの着想だ。すなわち、消費者は技術のことなど知らなくても製品を使えばよい、という考え方だ。

イーストマンのキャッチフレーズは、他社に先駆け、歴史におけるコンシューマリズムの転換点をしっかりととらえていた。当時の消費者は、自分が購入した製品がどういう仕組みで動くのか、程度はともかく、理解していた。けれども、19世紀の終わりころから20世紀の初めにかけて、電話、電球、フィルム撮影などといった技術的に複雑な発明が爆発的な勢いで生み出され、こうした状況を一変させてしまったのである。

先進的な経営者イーストマンは、時代のはるかに先を行く経営手法を他に先駆けて実践した。不良品に対する顧客からのクレームに直面したことによって、危機管理の重要性を深く認識した。従業員の貢献には基本給を超える報奨をもって応えることが、結局は会社の利益になることも理解していた。当時、イーストマン・コダックなみの規模の企業で、将来を見据えながら、従業員の持ち株制度やさまざまな従業員給付制度を実施していたところは、ほとんど存在していなかった。

プロフィール
1854 誕生
1874 ロチェスター貯蓄銀行で働く。週給は15ドル
1878 写真に関心を持つ
1880 乾板とその製造機の特許を取得
1881 ヘンリー・A・ストロングを協力者に迎える
1884 イーストマン・ドライ・プレート・アンド・フィルム社設立
1885 開発した革命的な写真フィルムの広告宣伝を展開
1888 コダック(KODAK)の名前を商標として登録
1899 「給料配分」方針を実施
1919 持ち株の3分の11000万ドル分を従業員に配分
1932 他界

 

→配信元で見る