ビル・ゲイツの経営哲学


模倣と独占

ビル・ゲイツの経営哲学は「模倣」と「独占」で成り立っていると言っても過言ではありません。これはIT産業においては必勝法となる経営哲学です。

4 6 23 r
出典 : rapt.sub.jp

マイクロソフト社のマーケティング戦略を一見すると決して革新的な企業ではないように思える。むしろ徹底的なフォロアー戦略を行う企業なのである。要するに“Information at your finger tips”(全ての指先に情報を)というスローガンを具現化するための戦略は、成長期にあるトップシェアの製品の模倣を徹底的に行うというものである。

出典 : www.cc.aoyama.ac.jp

マイクロソフトの独占状態、あるいはゲイツの姿勢をどのように評価するかは別にして、競争優位を確立しそれを維持することにかけて、ゲイツの右に出る者はほとんど見当たらないということは明らかだ。技術的才能も過小評価されるべきではないが、それよりもはるかに重要なのは、ゲイツの戦略的思考能力だ。この能力で、ゲイツはあらゆるライバルを打ち負かしてきた。

出典 : diamond.jp

買収を重ねたビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、買収を重ねてマイクロソフト社を大きくしていきました。どんな会社を買収すれば自社の利益に繋がるかをよく理解している経営者です。

ソフトウェアやインターネットのように技術革新のスピードが速い産業においては、ライバル社に短期間でキャッチアップするためには自社のリソースで製品やサービスを開発するよりも企業買収が効率的な場合が多い。特にマイクロソフト社の場合には担当のプロジェクトマネジャーには一定のリソース(人、時間、資金)が割り当てられて、これを使いながらコミットした目標を達成していく。従って、合理性が認められれば企業買収による新規事業の立ち上げは大きな反対なしに認められる。

出典 : www.cc.aoyama.ac.jp

“マイクロソフトの買収戦略は、簡潔に言うと、こうです。
「良さそうな会社を見つけ、買収を試みる。だめなら、同業他社を買収する。それもだめなら対抗製品を開発する」
この「良さそうな会社を見つける」ということにかけてはマイクロソフトは非常に素晴らしい目利きを持っていると思います。”

出典 : d.hatena.ne.jp

ビル・ゲイツの人事

経営哲学において外すことのできない重要な要素が人事です。ビル・ゲイツは人事においても独創性に溢れていました。

ビルが人をやる気にさせる方法は、「わめく・どなる・そんなバカな」と言って指摘するというもの。「ビルがいない時は、オフィスが静かでホッとする」という言葉も出るほど。反面、社員とは対等の関係でいつも接し、負けずにやり返すものほど評価するという、大企業のトップには持っていない、頑固なベンチャースピリットも失っていなかった。

出典 : www.m-hide.com

ビル・ゲイツの率いるソフト開発の総本山、マイクロソフト社の入社面接時における試験問題は、解くに要する時間の短さと直感とを見るIQのようなパズルからマクロな計算が前提となる問題まで、さらにはどのような創造的発想をするのかから、正解はなくともそれ相応の説得力がある回答が出来るかどうか、またどのようにして問題を解いていくかその思考過程を見るという設問まで多岐に渡っています。幅広さ、創意工夫、創造的問題解決能力、枠にとらわえれない思考などを見ようというものです。

出典 : www.arp-nt.co.jp

このようにビル・ゲイツの経営哲学は、かなり強引であることが見て取れます。しかし一概に批判することはできません。ビジネスは自由市場という大前提によって成り立っています。時には、勝つために手段を選ばないといった強引さも必要なのです。

 

→配信者元で見る

5 thoughts on “ビル・ゲイツの経営哲学

  1. Pingback: spam

  2. Pingback: shop

  3. Pingback: soal cpns 2017

  4. Pingback: listentomusicforfreeonline

  5. Pingback: jadwal ppdb 2017/2018

Comments are closed.