ピーター・ティールとは結局、何者なのか?


ピーター・ティールの話す言葉は、実にわかりにくい。クリアーカットな内容をわかりやすいロジックで話すパブリック・スピーチに慣れた人々と違って、ティールの語りには熟考された複雑な内容が含まれている。しかも、多数派の意見とずっと離れたところに、自らの立つところを求めている。

今評判になっている彼の共著「ゼロ・トゥ・ワン」も、そうした視点から書かれた起業家のための指南書だ。「同意してくれる人はほとんどいないけれど、重要な真実は何か?」という冒頭の問いからして、それに答えようとするとウ~ンとうなってしまうだろう。

ティールは、人々が気づいていないけれども、今世界で求められているものを探し出せ、と言う。そして、みんなが同じところで競争するようなせめぎ合いに時間を浪費せず、誰もいない市場でモノポリーを果たすような大きな発明をしろと訴える。『ゼロ・トゥ・ワン』は、まさにその意。すでにあるものの複製をたくさん作る「ワン・トゥ・n(無限大)」とは元から概念が異なっているのだ。

「ペイパル・ギャング」など複数の顔

複雑なこと、大きなことというのは、ティールその人自身の姿でもある。シリコンバレー人の中でもエキセントリックな人物として知られるティールは、起業家、投資家、ヘッジファンド・マネージャー、篤志家、ゲイ、キリスト教徒、リバタリアン(放任主義者)、保守的な共和党派とさまざまな顔を持ち、シリコンバレーきってのインテリという評と併せて非常にカラフルな人物像を浮かび上がらせる。

そもそも、シリコンバレーのテクノロジー業界に関わる以前は、法律大学院を卒業してニューヨークで活躍する弁護士だった。だが、怠慢なステレオタイプから乖離したその姿が、何かシリコンバレーの未来を予言するものではないのかと感じさせることも確かだ。

ティールは、まず有名なペイパルの共同創業者のひとりとして知られる。紙幣に頼らない金銭のやりとりを可能にしようとして生まれたペイパルの創業者らは今、「ペイパル・ギャング」と呼ばれるほど、シリコンバレーの底流を支えている。1998年に創設されたペイパルが2002年にイーベイに買収されて得た資金をもとに、彼らはさまざまなスタートアップを立ち上げ、また多くのスタートアップの投資家になったからだ。

 

その中でもティールは、リンクトイン、テスラ、スペースX、ユーチューブ、イェルプ、ヤマーなどに投資し、またデータ分析会社パランティアは自ら共同創業した。それ以外にも、フェイスブック、スポティファイ、エアービー・アンド・ビーなどのスタートアップにも資金を投入している。どれも、パワフルな企業に育ったところばかりだ。

長寿の研究に、海上都市の建設……

ヘッジファンドでは失敗もあったが、最近のティールを特徴づけるのは、シリコンバレーもびっくりの、とてつもない技術への投資や寄付である。

たとえば、遺伝子テクノロジーなどを利用する生命延長技術はそのひとつだ。彼は、人は故障がなければもっと長らえることができ、死は治療できる病の一種と捉えている。そうした信念から、SENSE研究財団という組織に多額の寄付を行っている。同財団は、さまざまな生命延長の技術を研究し、同分野での研究者を支援する組織。財団の創設者は、「すでに、今生きている人々の中に1000歳まで寿命を延長できる人間がいるだろう」と述べるほど、その技術の実現を信じている。

また、自身も共同創設したシーステディング研究所は、現在のどの国家からも治外法権を保つ海上都市建設を目論んだもの。政府の干渉を嫌うリバタリアンらしい発想だが、「文化的、技術的に難しい」挑戦だと認めている。

さらに、ティール財団が2011年から始めた「20歳以下の20人」プログラムは、毎年20人の若者に10万ドルの奨学金を与えて起業をサポートするというもの。大学での授業などに時間を無駄にせず、自力で大きな事業を起こせという呼びかけに、ユニークな若者がどんどん応募してくる。

新しいソフトウェアやアプリ開発から、人工知能、ヘルスケアまで、彼ら若者が手がける事業は多様だ。アカデミアを軽視して、金儲けに走らせるのではないかと、大学関係者らからは批判も少なくない。だが、ティール自身は「待っていられないアイデアがある」と強調する。

かなりのエキセントリックぶり。しかし、シリコンバレーではティールのような人物こそがエンジンとなって次の時代を生み出すこともある。ここでは、不可能と思われたことも、次々と実現されてきたからだ。その意味で、法外な熱意を持つ彼の存在によってシリコンバレーは未来のシナリオを獲得しているとも言えるのだ。

→配信元で見る

3 thoughts on “ピーター・ティールとは結局、何者なのか?

  1. Pingback: bad credit home loans

  2. Pingback: GVK Biosciences

  3. Pingback: get seedbox

Comments are closed.