フランク・ウィンフィールド・ウルワース[ウルワース創業者]低価格路線を打ち出したチェーンストアの先駆者


フランク・ウィンフィールド・ウルワース(1852~1919)はチェーンストアの先駆者だ。貧しい境遇から身を起こし、若いときに仕事でさまざまな挫折を経験したにもかかわらず、アメリカの大富豪の仲間入りを果たした。ニューヨーク州の小さな町で生まれた農家の少年は、「ファイブ・アンド・テン」の構想を打ち出し、まずはアメリカ、そしてついには全世界に展開した。

1879年には1軒だったウルワースの店舗は、1918年には1000店を数えた。このF・W・ウルワース社の成長はまさに驚異的で、小売業の業態に変化を起こすと同時に、その創業者に富と名声をもたらした。ウルワースこそ他に先駆けて低価格路線を打ち出した小売チェーンだ。ウルワース本人は、自分の成功の秘密はうまく権限を委譲したことだという。

成功への階段

ウルワースはニューヨーク州ロッドマンで生まれた。長男だった。1858年の後半、ウルワースが7歳のとき、一家はニューヨーク州グレートベンド近くの108エーカーの農場に引っ越した。人口わずか125人の町では、ウルワースが教育を受ける機会は限られていた。教室がただ1室の校舎に弟と一緒に通っている。実際にはほとんどの時間、勉強するよりも、乳牛8頭のめんどうを見て父の仕事を手伝っていた。

16歳のとき、短期間、商業学校に通ったあと、ある駅長が経営する売店で仕事をし、次にダン・マクニールの雑貨店で店員として働いた。両方の仕事とも無給だった。その見返りに、ダン・マクニールはウルワースをウィリアム・ムーアに推薦した。ムーアはニューヨーク州ウォータータウンにある大手乾物店オーグズベリー&ムーアのオーナーだった。1873年、ムーアはウルワースを雇うことに同意した。

オーグズベリー&ムーアでは、出世コースの一番下の階段から出発した。床を掃除し、ウインドーのディスプレイを考え、商品を配達し、言われればどんな仕事もこなした。

勤務時間は長く、朝7時から夜9時まで週に6日働いている。オーナーは当初、ウルワースに1年間無給で働くように要求したが交渉し、無給の期間は3ヵ月、その次の3ヵ月の給与を3ドル50セントにすることで折り合いをつけた。

それから2年後、ウルワースはブッシュノール百貨店に移って販売員となる。1876年、カナダ人のジェニー・クライトンと結婚し、4エーカーの農場を手に入れた。

運の悪いことに、厳しい環境と仕事で何の助けも受けられなかったことが原因で、ウルワースは発熱とストレス性の疾患に苦しめられた。ブッシュノールの仕事を辞め、仕事から離れて1年間自宅療養をせざるを得なかった。病から回復すると、昔の雇い主のウィリアム・ムーアが訪ねてきて、社名を新しくしたムーア&スミス社での復職を勧めてくれた。ウルワースは週給10ドルで仕事をすることに決めた。

転機と決断

1878年、ウルワースに娘が生まれ、母が亡くなった。この年は小売業の世界が激変した年でもあった。中西部の小売店に「5セントテーブル」という新しい戦術が現れたのだ。過剰に抱え込んでしまった商品を小売店がわずか5セントにまで値下げし、それをテーブルに並べたものだ。顧客はこの安値につられて来店し、ついでに正価の商品もつい買ってしまう。

ムーアはニューヨーク市に出張し、5セントで売れる商品を100ドル分仕入れてきた。それをムーア&スミスの店で販売する。ウルワースは店のカウンターを工夫し、仕入れてきた商品を1日で売り切ってしまった。

ムーアから供給される品物を仕入れ、ウルワースはニューヨーク州ウティカに自分の店「グレート・ファイブセントストア」を開いた。この店は321ドル相当の5セント商品を用意して、1879年2月のある土曜日の夕方に開店している。初めて売れた商品は「石炭シャベル」だった。

ところが、この店は失敗で、すぐに閉店に追い込まれる。これにくじけることなく、ウルワースはもう1軒の店を、同じ年の6月、ペンシルベニア州ランカスターに開店させた。今度は、5セントと10セントの商品を販売した。

このランカスターの店舗は成功だった。1880年11月、2番目の店をペンシルベニア州スクラントンにつくる。この店も成功し、ウルワースはひたすら前進を続けた。

ウルワースはその帝国の拡大を図るために家族を動員した。1895年には、店舗数が28になっており、そのなかには以前のボス、ウィリアム・ムーアの店もあった。売上高は100万ドルを突破していた。驚異的なスピードで成長を続け、1900年には店舗数が35、1908年は189、そして1911年には600になっていた。1918年1月、1000軒目の店舗がニューヨーク市の五番街に誕生した。

ウルワースが1人で始めた事業はグローバルな企業へと急速に成長していた。

1905年、事業化の負担を1人で負いきれなくなり、F・W・ウルワース社を設立し、エグゼクティブと従業員に対して5万株を発行した。

会社のオフィスは当初、スチュワートビルの中でニューヨーク市のシティホールパークを見下ろす位置にあった。そして1913年4月には、当時最も高い摩天楼、ウルワースビルに移転している。ウルワースのオフィスは24階にあった。その広さは約9メートル四方あり、そのデザインはナポレオンの有名な皇帝の執務室を基本にし、その部屋にあった時計やそのほかの品物が取り入れられていた。

1916年、F・W・ウルワース社の店舗の総来店者数は7億人を超え、売上高は8700万ドルを突破していた。人口8000人以上のアメリカの町には例外なくウルワースの店があった。

会社がウルワースビルに入居するころには、ウルワースに引退の時期が近づいてきていた。健康状態がすぐれず、ヨーロッパで静養するための休暇を取るようになる。妻のジェニーは若年性の痴呆症に苦しんでいた。ウルワース自身の健康状態は、歯の手入れをしようとしなかったことも一因となり確実に下降線をたどっていた。

1919年4月4日に重体に陥り、その4日後に息を引き取っている。

時代と業績

F・W・ウルワース社は低価格を追求する小売業のパイオニアだ。のちにウォルマートをはじめとする企業が追随する低価格路線の伝統を根づかせ、チェーンストアと大量販売を基礎に小売業の帝国を築き上げた商人の先駆けだ。

薄給あるいは無給で働き、長期間病気に苦しみ、最初の5店舗のうち3店舗は失敗したと知れば、ウルワースが事業家としての夢をあきらめたとしてもそれを非難する人は誰もいなかっただろう。

しかし彼は、こうした逆境にめげず、並外れた粘り強さによって、すべての「ファイブ・アンド・テンセント」の競争相手を寄せつけず、その時代に最も成功した小売業者となった。

低価格商品を武器にしたウルワースの事業は、1990年代まで十分通用していた。ところが1997年、ウルワース社は最後まで残ったF・W・ウルワースの「ファイブ・アンド・テンセント」店400軒をすべて閉鎖すると発表、117年間にわたってウルワースの看板だった低価格の雑貨店事業から、ついに撤退することになった。

ウルワースの秘密は何だったのか。それは権限委譲に尽きる。

「自分があらゆることに口を出さなければならないという考えに凝り固まっている限り、規模の大きな成功は不可能だ。仕事を任せられる腹心や仲間を指名して、彼らに権限と責任を与えることだ」

プロフィール
1852 誕生
1858 一家がニューヨーク州グレートベンド近くの108エーカーの農場に引っ越す
1873 オーグズベリー&ムーアの店で働く
1878 5セントのテーブルがアメリカの小売業界で評判になる
1879 ニューヨーク州ウティカにウルワースの第1号店ができる
1895 店舗数が28になり、売上高が100万ドルを突破する
1905 F・W・ウルワース社設立
1913 同社がニューヨーク市にある当時最高の高さを誇る摩天楼に移転
1918 1月、ニューヨーク市の五番街に1000番目の店舗を開店
1919 他界

→配信元で見る