初代Excelの開発秘話を当時の開発チームメンバーが公開


Microsoftは、iOSAndroid用にWordやExcelなどのOfficeアプリを開発・提供していますが、対抗企業のOS向けにMicrosoftがソフトを開発するのは今に始まったことではありません。1985年にMacintosh用ソフトとして作られた初代Excel「Excel 1.0」の誕生30周年を記念して、開発チームの面々が当時の様子を語っています。

‘Recalc or Die’: 30 years later, Microsoft Excel 1.0 vets recount a project that defied the odds – GeekWire

http://www.geekwire.com/2015/recalc-or-die-30-years-later-microsoft-excel-1-0-vets-recount-a-project-that-defied-the-odds/

Microsoft Excel 1.0の主任開発者だったDoug Klunder氏は、「MicrosoftはExcelとWindowsという2つのプログラムに将来を賭けていました。もしも両方とも失敗していたら、今日までMicrosoftが生き残ることはなかったでしょう。両方が成功したおかげで、Microsoftは地盤を固めることができたのです」と語っています。

Klunder氏はMicrosoft幹部がExcelの開発プラットフォームを自社のMS-DOSからAppleのMacintoshに移行する決定を下した際に開発チームを離れていますが、最終的にMicrosoftに戻ってExcel開発計画を完成に導いた人物です。しかし、Klunder氏は現在でも初代ExcelをMacintosh向けに開発したことについて疑問を抱いているとのこと。「Excel 1.0の開発は、ある側面ではうまくいきましたが、Mac用のExcel 1.0が完成してソフトを出荷したころには、市場ではLotus製品が大きなシェアを占めていました」とKlunder氏は当時の様子を語っています。

Macintosh用のExcel 1.0の登場後、表計算ソフトのLotus 1-2-3VisiCalcは後発のExcelに徐々に追い抜かれることになるのですが、その理由として、プログラム・マネージャーを務めていたJabe Blumenthal氏は「Excelの開発中は、既製の表計算ソフトから優れたアイデアを盗み取ることが重要でした」と語ります。また、Klunder氏によれば、既存の表計算ソフトの機能に加えてこれまでにない新しいアイデアを加えることでExcelは成功したとのこと。例えばExcel 1.0には「セルの値を変更した際に、全てのセルで再計算を行うのではなく、関係するセルのみを再計算する」という機能が搭載されていたのですが、当時のPCはメモリ容量が限られていたため、対抗ソフトと比べるとExcelは非常に動作が軽快だったそうです。

ソフトウェア開発者のMike Koss氏は、GeekWireの取材時にMacintosh 512Kを持ち込み、実際にExcel 1.0の動いている様子を実演。

Excel 1.0の画面は以下のようになっていて、メニューバーとシートが表示されているだけというシンプルな構成です。

また、Excel 1.0の開発はチーム全員にとって学びの場でもあったそうです、例えばExcelのシートを印刷する前に「印刷プレビュー」が表示されるのは無意味ではないか、とBlumenthal氏は考えていたのですが、印刷前に表の間違いに気付くことが可能なのだと分かり、製品版に印刷プレビュー機能を実装したとのこと。

2013年までWindowsとOfficeのエンジニアリング部門役員を務めていたJon DeVaan氏は「優れたプログラム・マネージャーは、有言実行を貫きます。チーム全員が情熱を持って取り組み、計画をよくするために自分の意見を発表したいと思っている時には、発言を公開する場を設けて、良い決断をチームにもたらすべきです」と語ります。DeVaan氏はまた、「世界中のどこを訪れても現地の人たちがみんなExcelのことを知っていて、Excelを活用して何ができるようになったのかを話してくれます。Excelという表計算ソフトが生まれたおかげです。開発チームの一員として非常に嬉しい気分ですね」とも語っています。

以下は1985年の発売当時の広告。ソフトの名前が「Excel」に決まる前は、開発チーム内では「Odyssey(オデッセイ)」という開発コード名で呼ばれており、製品名の候補として「Master Plan」や「Mr. Spreadsheet」のような名前も挙がっていたそうです。

by Microsoft Sweden

開発チームのKoss氏、Blumenthal氏、Klunder氏、DeVaan氏の4名が当時のパッケージを手に記念撮影。メンバーの多くは今も前線で働いており、Koss氏はGoogleのソフトウェア開発者として勤務するかたわら、スタートアップ企業の設立にも携わっているそうです。DeVaan氏はMicrosoftのエンジニアリング部門の役員を務め、2013年までOfficeやWindowsの開発に関わっていました。Blumenthal氏はクリーンエネルギー関連事業で今でもビル・ゲイツ氏と関わりを持っているとのこと。Excel 1.0主任開発者のKlunder氏はMicrosoftを離れた後、アメリカ自由人権協会(ACLU)の弁護士として働いているそうです。

なお、当時のExcel開発チームを集めた30周年記念パーティーが近日開催される予定とのことです。

One thought on “初代Excelの開発秘話を当時の開発チームメンバーが公開

  1. Pingback: カナダグース ジャケット 偽物

Comments are closed.