堀江貴文の「50万円あれば始められるビジネス」


ビジネスについて語った。

お金は単に、制約要因にすぎない

堀江貴文氏

――仮出所おめでとうございます。刑務所で過ごされて、お金に対する考え方は変わりましたか。

【堀江】またお金の話ですか。みんな、お金が好きですね。刑務所に入ったって変わらないです。そもそも刑務所に入る前からお金のことは何も考えていませんでしたから。お金なんて、どうでもよくないですか。

――達観されていますね。昔からお金には興味がなかったのですか。

【堀江】お金のことを考えなくなったのは、21~22歳ぐらいからかな。お金は制限要因にすぎないと思うんですよ。たとえばコンビニに行って何か買いたいものがあるのに、お金が足りなくて買えないのはいやですよね。そうした制限要因としてお金があるのであって、お金そのものはどうでもいい。そういう意味でいうと、僕は早いうちに解放されたので。

――お金の心配から解放されるには、ある程度の年収が必要です。堀江さんは、若いときから稼いでいたと。

【堀江】そういうことも、あんまり考えたことがない。どうしてみなさん、お金の話ばかりしたがるのかな。たぶんみんな、お金が目的化しているんですよね。だから僕のこともお金目当てだろうと決めてかかってくる。

――好きなことをやって、その結果お金がついてくるということ?

【堀江】それも違う。結果としてお金がついてくるというのも、結局はお金が目的でしょう。みんなお金のことを考えすぎです。いまは評価経済社会の時代でしょ。僕がいま使っているMacBook Airは7万円ぐらいで買えますが、中古でいいなら知人からタダでもらえるかもしれない。欲しい人とあげる人をマッチングするサイトだってある。お金に制約される状況はすごく少なくなってきているのだから、そんなにお金、お金と言わなくていいんですよ。

――著書の中で、「お金は信用を数値化したもの」と定義していました。この考え方も変わっていない?

【堀江】お金は、信用の表示形態というか、信用が顕在化したものだと思います。だからお金より信用のほうがずっと大事です。好きなことをやっていれば、自然に信用につながるじゃないですか。それで悪く思われるのだとしたら、中途半端だからでしょう。口先だけで、行動が伴ってないとかね。

――ライブドア事件で、社会的な信用をなくした部分もあると思います。ビジネスに影響は出ていますか。

【堀江】出てくる部分もあるし、出てこない部分もありますよ。僕が投資をしようと思っていた会社から、「本当は投資してほしいが、投資を受けると上場できなくなるから」と言われて、結果的にできなかったケースもあった。そういうところでは実際に影響も出ています。

――そうすると信用があればいいとは単純に言いにくい気がしますが。

【堀江】そんなことないですよ。あれでなくなっちゃうような信用は、本当の信用じゃないですから。パブリックな薄っぺらい信用はどうでもいいんです。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきました。検察がきたから今後はケアしていかなきゃいけないけど、わかってくれている人はずっとわかってくれている。それが僕のいう「信用」です。

僕は会社(旧ライブドア)に資産を引き渡したのでキャッシュはほとんど残っていなくて、ストックはものすごく少なくなった。ただ、ストックといっても、実体の資産としてのストックと、無形固定資産的なストックがある。後者のストックが信用であって、それがいま僕のフローの源泉になっている。フローの現れ方として現金という形もあるし、そうではない形もある。信用が大事というのは、そういう意味ですよ。

――フローの現れ方としては、ほかにどういうものがありますか。

【堀江】たとえば僕が事業を立ち上げると言ったら、いろんな人が「一緒にやりましょう」と言って手弁当で集まってくれたりする。堀江と一緒なら何かおもしろいことができるだろうという期待感も、ある意味、無形固定資産的なストックです。とくにライブドアで働いていた人たちはそういう思い入れが強いみたいで、いろんな話がきます。僕はせっかくだから新しい人たちとやりたいけれど、それはそれでうれしいです。

2 thoughts on “堀江貴文の「50万円あれば始められるビジネス」

  1. Pingback: Thanksgiving Day 2017 GIF Animated & HD Images for Facebook and Whatsapp Share

  2. Pingback: siap-ppdb.com jakarta

Comments are closed.