孫正義 [ソフトバンク創業者]という男①


自分の設立した企業・ソフトバンクを通じて、孫正義は日本的な「系列」のビジネスモデルに着目し、それをインターネット企業に応用した。この大胆な手法がうまくいくかどうかを判断するのはまだ早い。とはいうものの、メディアから「インターネットの帝王」と呼ばれたその経歴を見ると、才能にめぐまれた、有無を言わさぬ起業家であることがわかる。

孫は頭のよい生徒で、スポーツや遊びよりもビジネスに関心があり、早くから起業家的能力を発揮した。

1973年にアメリカに渡ると、カリフォルニア大学で得た知識を応用して電子手帳を考案した。この特許を売却して100万ドルという大金を手にすると、それをもとにビデオゲーム事業を育てて成功をおさめ、1981年に日本に帰国する。そこでつくった会社がソフトバンクだった。少年が切手の収集に走るように、このソフトバンクは創業間もないドットコム企業の株を買いまくった。

肝炎の病から回復すると、ヤフー株で金脈を掘りあてる。1999年、その目を日本国内に向け、低迷している日本のドットコムマーケットで株を買い集めた。インターネット革命が頓挫して苦境には立たされたものの、生き残った。リストラクチャリングをなし遂げたソフトバンクは、景気後退後のeコマースマーケットで優位に立てるだけの地位を確保した。

生い立ち

民族的には韓国人の孫は、1957年8月11日、九州は佐賀県の鳥栖で生まれ、育った。父は小さな企業を経営していた。福岡にある有名校に入ったが、早い時期からビジネスに興味を抱いていた。他の生徒がミュージシャンやスポーツ選手になりたいと考えるような時期、孫のヒーローは日本でマクドナルドを成功させた藤田田だった。どうしても藤田に会いたいという思いからそのオフィスに直接電話をし、東京で面会する約束を取り付けた。藤田と会ったことがきっかけで孫はアメリカに関心を持つようになり、1973年、英語を学ぶ目的でカリフォルニアに渡る。

 

カリフォルニアでめきめきと英語が上達し、それほどたたないうちにカリフォルニア大学に入学して経済学を専攻した。ものごとにのめり込む生来の性格がはっきりと表れていた。ティーンエージャーは寝室の壁に写真を貼る。音楽や映画のスター、スポーツ選手、ペット、家族あるいは恋人の写真だ。19歳のとき、孫はある雑誌に載っていた1枚の写真に心を奪われた。その写真を切り抜き、保護用のラミネート加工をし、カバンのなかに入れて持ち歩いた。経済学を専攻していたこの学生の想像力を魅了したのは、マイクロチップの写真だった。

成功への階段

大学在学中から、孫は金をつくる一番よい方法は、何かを発明することだと考えた。そのために、毎日必ず何か新しいアイデアを思いつくようにしようと心に決めた。そうして出てきたアイデアのなかに、電子手帳の原型があった。シャープが100万ドルでその電子手帳関連の特許を買い取った。これがのちに「ウィザード」(日本名ザウルス)になる。

孫はその現金を足がかりにして次の手を打つ。それは日本から安価なビデオゲーム機を輸入することだった。ゲームはスペースインベーダーだった。その当時、アメリカではビデオゲームはまだこれからという段階だったが、孫は消費者の動向を的確に予測する。そして6か月で300台を輸入し、ゲーム機器販売のトップに躍り出た。次にこの会社を仲間の1人に譲り渡し、母との約束を果たす。その約束とは日本への帰国だった。

1981年、自分の金と第一勧業銀行から得た融資の8万ドルを元手に、23歳の孫はソフトバンクという名のソフトウェア流通会社を設立した。これは孫の説得力の証明でもあった。若い起業家には相対的に冷たい日本の経済環境のもとで、若い孫は日本の銀行を説得して融資を引き出すことに成功した。同社はまたたく間にコンピュータサービスの巨大企業に成長する。発足後10年で従業員570人、取引先小売店1万5000、6部門を抱え関連企業5社、合弁会社5社、そして年間売上高が3億5000万ドルという企業に成長したのである。

 

孫はその発明志向の考え方を日本国籍を取得する場面で発揮した。当局は韓国姓のままでの日本国籍取得を認めなかった。そこで日本国籍を持つ妻の姓を合法的に孫に改名させた。そうしたうえで、当局に対して日本人の姓に「孫」が存在すると主張し、孫姓のままでの帰化を受け入れさせている。

転機と決断

ソフトバンクの初期のころは孫にとってつらい時期だった。設立当初、重度の肝炎にかかり何年間も悩まされ続けた。しかし、初期の症状から回復すると、改めてビジネスに対する人一倍の情熱を発揮した。それは1994年のことで、ちょうど新たな通信の潮流が現れてきていたところだった。マイクロチップが産業界に変革をもたらすことを理解したときと同じように、インターネットが人々の生活の奥深いところにまで影響を及ぼすだろうということに気がついた。

もう一度アメリカに出かけると、今度はその天分を発揮してバイ・ドットコム、E*トレード、Eローン、ウェブバンなど設立間もないインターネット企業に分散投資をした。その中の1社にヤフーという名のインターネット関連会社がある。その株式の30%を1億ドルで買い入れた。狙い通りか偶然かはともかく、孫はこれでインターネットの大当たり株を引き当てることになった。ヤフーは1996年に株式の公開を果たす。

インターネットが出現する以前に買収していた企業のいくつかを手放し、孫はその経営をインターネットの世界に集中した。シスコとインテルで働いた経験のあるゲリー・リーシェルを招き、ソフトバンクの新たなベンチャーキャピタル部門、ソフトバンク・テクノロジー社の経営を任せることにした。投資形態はリミティッド・パートナーシップファンドで、カリフォルニア州サンノゼから運用が行われている。このソフトバンク・テクノロジーは最初のファンドの募集で日本から1億7000万ドルを調達した。

 

→配信元でみる

4 thoughts on “孫正義 [ソフトバンク創業者]という男①

  1. Pingback: bad credit home loans

  2. Pingback: GVK Bioscience

  3. Pingback: GVK Biosciences

  4. Pingback: Contracts

Comments are closed.