違法ドローンを“ワシ狩り”で退治 「ハイテクをローテクで解決」するオランダ警察の本気


市民の安全を脅かす違法ドローンの排除方法を摸索中のオランダ警察は目下、訓練したワシを使って違法ドローンを退治する方法を検討している。

「ハイテクな問題に対するローテクな解決策だ」とオランダ警察の広報担当者デニス・ヤヌス氏は語る。

別名:無人航空機英語:drone無人で遠隔操作や 自動制御によって飛行できる航空機の総称。英語の「drone」は「(無線操縦の)無人機」 あるいは「オス蜂」といった意味の語。

→Webilo参照

このアイデアが浮上した背景には、素人でも飛ばせるドローンがブームとなり、無許可ドローンが空港周辺の立ち入り禁止区域に侵入したり、政治家が参加する行事の上空を飛行したりといった事態に対し、警察が懸念を強めていることがある。

オランダ警察がこれまで検討している解決策には、不審なドローンに網を投げて捕らえる方法や、遠隔からハッキングして乗っ取る方法などがある。そして今回試しているのが、猛禽類を使って捕獲するという方法だ。

「冗談だと思う人もいるが、これまでのところ非常に効果的であることが分かっている」とヤヌス氏は語る。

オランダ警察はこのドローン捕獲方法を紹介する動画を公開している。動画では、4基のプロペラを装備したドローンが色の付いたライトを点滅させながら、倉庫の中央でホバリングしている。

飼い主が手を放すと、ワシはドローンを目指して一直線に飛び、かぎ爪でドローンをガシっとつかんで、地上まで運ぶ。

この取り組みでオランダ警察と協力している民間企業Guard from Aboveのシュールト・ホーヘンドーン氏によれば、ドローンを獲物と認識するようワシを訓練する必要があるという。

ドローンの捕獲に成功するたびに、ワシには肉片が与えられる。

ワシのかぎ爪はうろこ状の固い角質に覆われ、非常に頑丈なので、コンシューマー向けのドローンであれば、ほとんどの場合、捕獲の際に回転翼でけがをすることはないという。

「ワシは野生の獲物からの抵抗に慣れているので、ドローンに関してもそれほど苦労はないようだ」とホーヘンドーン氏は語る。

ワシに及ぶ潜在的な影響については、動物福祉の観点から、外部の科学研究機関がテストを行うことになっている。

「実際の大問題は、ワシが大量のドローンを破壊してしまうことだ。それが訓練費用の多くを占めている」とホーヘンドーン氏は語る。

もう1つ未解決の課題としては、多数のドローンが飛び交っている場合にワシがどのように動くかという問題があるという。

実際にワシを使ったドローン捕獲策を導入するかどうかについて、オランダ警察は今年中に結論を下す予定だ。

配信元でみる

 


□日本でのドローンに対する事例


 

経緯

同日午前10時20分頃、官邸職員が偶然、屋上のヘリポート付近でドローンを発見し[1][2]、警視庁に通報した[3]。発見当時、横転などはしておらず、通常の着地のような状態だったという[3]。また、官邸関係者が侵入や墜落の様子を目撃したとの情報や犯行声明などはなく、けが人や建物の破損なども確認されていない[3][4]。他方、関連は不明ながら、取材にあたっていたテレビ朝日記者が午前11時半過ぎに黒い影が行ったり来たりするものを目撃した、との報道がされた[5]

警視庁の調べによると、発見されたドローンは中国の企業DJI社製のPhantom[6]であり、同機種は2015年1月26日に米国ホワイトハウスへの落下で世界を騒がせたこともあった[7]。直径約50cmで4つのプロペラが付いており(クアッドコプター)、白かった機体を黒く塗装し、小型カメラと茶色いプラスチック製容器を積載していた。容器は直径3cm・高さ10cmで中に液体が入っており、内部から微量のセシウム134セシウム137が検出された[2]

セシウムとは、放射性物質である。

ドローン飛行に関する規制がほとんどないことや、テロ対策の弱点が顕在化した問題が指摘されており[4]、法施行も検討され始めた矢先だった。

軍事サスペンス作家の大石英司は、事件で使われたクワッドロータータイプの無人航空機について、兵器として有利ではなくテロ行為に使っても効果はほとんど見込めないと評した[8]

逮捕

4月24日夜8時過ぎ、「ドローンを官邸に飛ばした」とする福井県小浜市在住の40歳の元自衛官の男性が福井県警小浜警察署に自首し、威力業務妨害容疑で逮捕された。男性は、ドローンを官邸へ飛ばした動機を「反原発を訴えるため」とし、ドローンを飛行させたのは4月9日の午前3時半ごろ、容器の中に入れたのは「福島の砂100 g」だなどと供述している[9]。また、男性は「官邸サンタ」と名乗り[10]、犯行の詳細な一部始終や犯行に使用されたドローンの写真などを掲載した[9]ブログを出頭直前に公開していた[11]

裁判

男性は、放射能マークが印刷されたシールを貼った容器と発煙筒などを装着したドローンを操縦し、首相官邸屋上に落下させて官邸の業務を妨げた威力業務妨害罪で起訴され、さらにドローンに取り付けた発炎筒について遠隔操作で電気着火できる状態に無許可で改造した火薬類取締法違反(無許可製造)で追起訴された[12][13]。弁護側は「被告の行為によって業務妨害の結果は発生していない」などとして無罪を主張、男性は「多くの方に迷惑をかけて申し訳ない。今後違法行為をするつもりはない」と語った。判決は2016年2月16日に言い渡される[14]