GoogleのシンクタンクがJigsawに改名して問題解決型テクノロジーのインキュベータに


GoogleのシンクタンクGoogle IdeasがJigsawという名のインキュベータへ衣替えして、とくに地政学的な問題やデジタルの攻撃に対するソリューションに投資し、またそれらの開発も行っていく(サイトは自動再生オーディオがあるので注意を)。Googleの元CEOで今はGoogleの親会社Alphabetの常勤会長であるEric Schmidtが、Mediumのポストで、この変容を発表している:

“なぜJigsawか? ひとつには、この新しい名前は、世界が物理的及びデジタルの課題の集まりから成る複雑なパズルである、という認識を表している。そしてもうひとつには、協働的な問題解決が最良の解を生む、というわれわれの信念をも表している。

Jigsawはテクノロジーのインキュベータとして、情報へのアクセスを世界のもっとも弱い人びとに広めたり、また、世界のもっとも手強いセキュリティの脅威に対して防衛していくようなテクノロジーに投資し、それらの構築も行っていく。”

Googleによると、JigsawはAlphabetに属し、Googleの一部にはならない。Google Ideasを5年前の創業時から率いてきたJared CohenがJigsawの社長になり、Schmidtのアドバイザーとしての奉職を続ける。

Cohenは合衆国国務省の職員として、二代の国務長官Condoleezza RiceとHillary Clintonに仕えた。2009年のイランの大統領選をめぐる抗議活動のおりには、CohenはTwitterに対し、定期的メンテナンスによる一時的閉鎖をせず、イランの抗議活動家らが国際的なメディアの利用を続けられるよう説得した。

The New Yorker誌によると、彼のその行動は大統領Barack Obamaの不干渉規則に違反するため、職を賭けた行為となった。しかし当時の国務長官Hillary Clintonは、彼を支持した。その翌年にCohenは、Google Ideasに加わった。

シンクタンクだったときのGoogle Ideasも、検閲が厳しかったり政府が腐敗している国の人びとを助け、彼らが障碍を克服して自由なインターネットアクセスを享受できるよう努めた。同社のプロダクトには、ニュースサイトをDDoS攻撃から保護するProject Shieldや、uProxyへの寄与貢献がある。

DDoS攻撃 に移動 – [編集]. 図:StacheldrahtによるDDoS攻撃. DDoS攻撃(ディードスこうげき)(英:Distributed Denial of Service attack)は、複数のIPアドレスから放たれるDoS攻撃であり、分散型サービス妨害攻撃と訳される。

→wikipedia参照

Jigsawはこれらのプロジェクトを継続するとともに、そのほかの問題の解も見つけていく。

 

↓原文

 

Google Ideas, the company’s think tank, is relaunching as an incubator named Jigsaw (warning: autoplayed audio) to invest in and develop tech solutions to geopolitical problems and digital attacks. Eric Schmidt, former CEO of Google and current executive chairman of Alphabet, Google’s new parent company, announced the change in a Medium post:

“Why Jigsaw? For one thing, the new name acknowledges that the world is a complex puzzle of physical and digital challenges. For another, it reflects our belief that collaborative problem-solving yields the best solutions.

As a technology incubator, Jigsaw will be investing in and building technology to expand access to information for the world’s most vulnerable populations and to defend against the world’s most challenging security threats.”

A Google representative told TechCrunch that Jigsaw will be under Alphabet, not Google. Jared Cohen, who has led Google Ideas since it started five years ago, is now president of Jigsaw and will continue serving as an advisor to Schmidt.

Cohen previously worked in the U.S. State Department under former Secretaries of State Condoleezza Rice and Hillary Clinton. During the 2009 Iranian presidential election protests, Cohen convinced Twitter to stay online despite a scheduled maintenance that would have temporarily shut it down in Iran, where it was being used by protestors to reach international media.

 

According to The New Yorker, the move almost cost Cohen his job since it conflicted with President Barack Obama’s non-interference rule, but he had the backing of then Secretary of State Hillary Clinton. Cohen joined Google Ideas then next year.

During its time as a think tank, Google Ideas also supported ways to help people living in areas with heavy censorship or government corruption overcome those obstacles and get unfettered online access. Its products include Project Shield, to protect news sites from DDoS attacks and contributions to uProxy.

Jigsaw will continue to work on those projects, in addition to finding tech solutions for other problems.

 

配信元でみる

 

3 thoughts on “GoogleのシンクタンクがJigsawに改名して問題解決型テクノロジーのインキュベータに

  1. Pingback: pax 3 airport

  2. Pingback: GVK Biosciences

  3. Pingback: Pendaftaran CPNS Kemenkumham

Comments are closed.