Microsoft、予測分析アプリをクラウドで開発・販売できる機械学習サービス「Azure ML」を一般公開


米Microsoftは2月18日(現地時間)、昨年6月に発表した機械学習アプリ開発のためのクラウドサービス「Microsoft Azure Machine Learning」(Azure ML)を一般向けに公開した。無料で制限のあるFreeプランあるいは有料のStandardプランにAzureのサイトから申し込める。

 

 ml 1Azure MLのトップページ

Azure MLは、一般的には高度な知識と膨大なデータを蓄積するための大容量ストレージが必要な機械学習技術をクラウドで手軽に利用し、予測分析などのアプリを構築できるようにするサービス。MicrosoftがXboxやBingのために開発してきたアルゴリズムや解析ツールが使え、ユーザーはAzure MLで開発したアプリをAzure Marketplaceで公開することもできる。

機械学習(きかいがくしゅう、英: machine learning)とは、人工知能における研究課題 の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようと する技術・手法のことである。

→wikipedia参照

 ml 2Azure MLで構築したサービスの一例

プログラミング言語はPython(Anacondaディストリビューション)と予測分析で使われる統計的言語のRをサポートする(Microsoftは1月にRの開発元であるRevolution Analyticsを買収した)。

MicrosoftはAzure MLで開発できるアプリの例として、インフラなどの障害発生を予測して事前に防止したり、小売店が顧客データや天気予報などのデータを分析して次に売れる商品を予測したり、医療機関が患者のデータを分析してリスク診断や医療の向上に役立てるアプリを紹介している。

Azure MLの無料の「Freeプラン」はMicrosoftアカウントがあれば誰でも登録できる。FreeプランとStandardプランの違いや料金体系などについてはこちらを参照されたい。

 
Azure学習サイト

2 thoughts on “Microsoft、予測分析アプリをクラウドで開発・販売できる機械学習サービス「Azure ML」を一般公開

  1. Pingback: lie

  2. Pingback: switch

Comments are closed.