Tag Archives: かみそり

キング・キャンプ・ジレット[ジレット社創業者]安全カミソリで世界を獲った経営者

アメリカの安全カミソリを考え出した起業家キング・キャンプ・ジレットは、ありふれた日用品に着目し、それを進歩させることで富を築いた人物だ。

ジレットは自分の発明の可能性を信じ、1901年にアメリカン・セイフティ・レザー社を設立、製品化しないうちから投資家の援助をあおいでいた。生産を始めた1年目、ジレットが販売したカミソリセットは51個、刃は168枚だった。1905年には、カミソリセットが25万個、刃のパッケージが10万個になっていた。

ジレットの成功の秘密は、ブランド構築に対するその進歩的な姿勢にもあった。使い捨ての刃の包装紙に描かれたジレットの肖像のおかげで、たちまち世界的な有名人になる。その社会理論を通して社会の改造に手を染めるようになったころには、ジレットの安全カミソリは世界中の男性にとって、日々の身だしなみに欠かせない道具になっていた。

成功への階段

キング・キャンプ・ジレットはウィスコンシン州フォンドゥラックで、発明一家の子として生まれた。父親は特許の代理人で、ちょっとした発明家でもあった。母親は台所での試行錯誤の繰り返しを財産にして、料理の本を書いていた。この本は1世紀を経た今でも、書店で販売されている。

ジレットが4歳のとき、一家はシカゴに移り、そこで金物の商売を始めた。運の悪いことに、この商売はシカゴの大火事で元も子もなくなり、1871年にもう一度引っ越しをする。今度はニューヨーク市だった。

ジレットは行商の仕事を得る。与えられた製品をただ売り歩くだけでは満足できず、その製品の改良をせずにはいられなかった。1890年には申請して認められた特許の数が4件になっている。1895年になると、コルクを使った王冠を発明した人物のもとで働いていた。

この人物は、ジレットにある簡単なアドバイスをしていた。「使ったら捨てられてしまうものを発明しろ」。ジレットはこの言葉を真剣に受け止め、安全カミソリに目をつけるようになる。

その当時の男性は、昔ながらの柄と刃がまっすぐくっついたカミソリを使ってヒゲを剃っていた。ところが鉄道が発達するにつれ、この素朴な道具を見直そうとする動きが生まれていた。揺れる車両の中でこれを使うのは、文字通り危険きわまりなかったからだ。重い刃が適切な角度で短い柄に取り付けられた、いくぶん安全なカミソリも生み出されてはいたものの、まだまだ大きな欠点があった。

ジレット自身は「スター」ブランドのカミソリを使っていたが、それはそれまでの刃と同じように、革製のストラップを使って絶えず研いでいなければならなかった。そして、この刃は使っているうちにやがて消耗し、そうなれば捨てるしかなかった。

ジレットにある考えが浮かんだ。薄い鉄板を細かく切断して、そこに鋭利さが長持ちする刃をつけることはできないものだろうか。そんな製品なら、切れ味が悪くなったところで捨てても惜しくないほどの低価格に抑えられるだろう。

転機と決断

新しい安全カミソリ開発の突破口を見つけるべく、ジレットはマサチューセッツ工科大学(MIT)の冶金学者を訪ねた。彼らはジレットにそのアイデアは実現不可能だと断言した。ジレットはあきらめることなく、自分の信念とビジョンを理解してくれる人を探し続ける。そこで出会ったのが、皮肉なことに、そのMITを卒業した発明家ウィリアム・エメリー・ニカーソンだった。

ジレットは研究に6年を費やした。その執念は1901年に実を結ぶ。この年、ニカーソンと共同してアメリカン・セイフティ・レザー社の設立にこぎつけた。そして1903年、新しい安全カミソリの生産を開始した。カミソリの刃は数枚を1つのパッケージにして販売した。カミソリの柄は刃とは別の製品として販売された。

1904年、社名を変えたジレット・セイフティ・レザー社は、この新しい発明の特許権を手に入れる。ところが発売直後の販売は期待外れだった。そこでアメリカとヨーロッパの男性向け雑誌や新聞などで集中的な宣伝キャンペーンを行った。これが功を奏して事態は改善した。1906年には、累計の販売枚数が1200万枚となり、売上高は9万ドルに達した。

その次には特許紛争が待っていた。カミソリといえば人口の相当な部分が潜在的マーケットであるだけに、破廉恥な特許侵害が巷にあふれた。つまり、競争相手はジレット製品のまがいものでマーケットに参入してきた。ジレットは対抗上、訴訟を起こしたり、たいていの場合はその企業を買収したりした。この間にも絶えず自分の発明に改良を加えている。そして1904年、2枚刃を思いつく。現在でもジレットの製品に生きているアイデアだ。安全カミソリの包装紙に自分の顔を描いたおかげで、ジレットは有名人になった。

カミソリ製品のおかげでキング・キャンプ・ジレットは大金持ちになった。けれども、それに満足することはなかった。哲学的そして政治的な強い信念があったからだ。ジレットは以前から、あらゆる人たちが協力し合うことを前提にしたユートピア的社会をめざすという理想主義的なビジョンを抱いていた。何百万ドルもの現金を手にし、産業界で影響力のある存在になったジレットは、それを現実のものにするための手段を手に入れた。

ジレットは自らのビジョンの概略を説明した本を何冊か書いている。その1冊目が『ヒューマンドリフト』(The Human Drift、1894年)で、ジレットブランドのカミソリを世に出す以前に出版されている。産業革命が進行する中での公害と都市開発の拡大を押し止めるために、巨大なガラスドームに覆われた公害のない都市の計画を立案した。この新たなユートピアでは、市民が株主となった1つの企業がすべての製品をつくることになる。そして「利己主義がなくなり、戦争は野蛮な行為として過去のものとなる」と書いた。

ジレットの執念が生み出した面白い副産物はいろいろある。ヘンリー・フォードとの出会いもその1つだ。第1次世界大戦前の一時期、ジレットは自分の会社を軌道に乗せるための1つの方策として、セオドア・ルーズベルト大統領に社長になってほしいと頼み込んだ。当然ながらルーズベルトが断ると、今度は作家のシンクレア・ルイスに接触し、フォードとの会談の段取りをつけた。ともに独断的で強烈な意思の持ち主である2人の大金持ちの会談は、まさに予想通りの結末になった。冒頭からこの2人は相手の言うことに耳を貸さず、自分の言いたいことを言うだけで、そのためしだいに腹を立て、あげくの果てはお互いに怒鳴り合う始末だった。

時代と業績

ジレットの社会改造の試みは無駄に終わった。

1929年のウォールストリートの株大暴落と、会社の役員会の権謀術数や、延々と続く特許訴訟などが重なって、自分自身の資産も失ってしまう。その後、他界するまでの相当長い時間を費やして、頁岩から石油を抽出する試みを続けたものの、うまくいかなかった。結局1932年、願いがかなわないまま他界する。

しかしジレット・セイフティ・レザーは、その創立者がつくり上げたイノベーションの伝統を体現し、安全カミソリ開発の最先端の立場を維持しながら成長を続けている。同社はシェービングフォームや制汗剤を発売し、ジレットが実行してきたこと、つまり2枚刃の安全カミソリ、自由回転ヘッド、使い捨て刃、そして3枚刃の改良を続けている。

キング・キャンプ・ジレットは、世界中の人々が毎日使う製品をつくり出した人物として記憶されることになるだろう。使い捨て製品のマーケットを開拓しただけではなく、同時に名声やブランドの力もいち早く見抜いていた。自社製品のパッケージに自分の肖像を描くことによって、ジレットは有名になり、これが消費者にその品質を信頼し安心して購入してもらうための力になった。さらにこの力によって販売が飛躍的な伸びを示し、ジレット・セイフティ・レザーをマーケットリーダーの地位にまで押し上げた。

プロフィール
1855 誕生
1871ジレット一族の金物の事業が衰退
1890 特許を4件取得
1894 『ヒューマンドリフト』を執筆、出版
1895コルクを使った王冠の発明者の会社、クラウンコーク&シール社で働く
1901ジレットとニカーソンがアメリカン・セイフティ・レザー社を設立
1903 安全カミソリの新製品の生産開始
1904 社名をジレット社に改める。新発明の特許を認められる。2枚刃を発明。この着想は現在でも製品に活かされている
1905 累計販売枚数が1200万枚となる。売上高は9万ドル
1915 年間販売枚数が700万枚となる
1932 他界

→配信元で見る