Tag Archives: 成功法則

しくじらない戦略

トランプ氏は「しくじらない」と述べ、選挙戦略を転換する方針(英語音声のみ) Photo: Jewel Samad/AFP/Getty Images

米大統領選の候補者指名を争うニューヨーク州の共和党予備選で大きな勝利を収めたドナルド・トランプ氏は、選挙戦略を大きく変更する方針だ。その一環として、外交に関する演説を行い、テレプロンプター(原稿表示装置)やスピーチライターを利用する。

トランプ氏と再編された陣営はまた、しばしば敵対し、トランプ氏の攻撃の的になっているワシントンの共和党指導部への働きかけも増やす。より従来型の選挙戦を展開するために多額の資金も投入する。

同氏はインタビューで、変化の必要があることを認め、「戦い方は進化し、変化している。私もそうだ」と指摘。「私はより優れた、かつ自制心のある」候補になると述べた。「しくじらない」ために自身が変化しているとも話した。

だが、トランプ氏は、大規模な集会でのスタイルや受けのいいメッセージは大きく変えない方針を示した。「私はそれでも同じ候補者だ」とし、(それらを変えれば)「何時間も待った支持者がどれだけ怒ることになるか想像できるか」と述べた。

実際、ニューヨーク州の予備選後で初となった20日のインディアナポリスでの集会では、トランプ氏は相変わらずだった。抗議のヤジを飛ばす参加者が退場させられるなか、テッド・クルーズ上院議員を「うそつきテッド」、ヒラリー・クリントン氏を「くせ者ヒラリー」と呼ぶなどした。

トランプ氏はニューヨークの予備選で約60%の票を獲得し、共和党の指名争いでトップの座を固めたが、クルーズ氏をはじめとするライバルをかわして必要な代議員1237人を獲得するには至っていない。

最近トランプ陣営に加わったベテラン政治コンサルタントのポール・マナフォート氏は、現在の目標について、「総票数と代議員で大きく引き離し、トランプ氏が候補になる必然性を強める」ことだと述べた。26日に行われる5州での予備選は、トランプ氏に有利なようだ。

トランプ氏の選挙戦やスタイルが変化し始めたのは、今月マナフォート氏が加わってからだ。同氏は代議員獲得や混乱するかもしれない党大会の対策要員として採用された。だが、非正統的な運営を見直した結果、より従来型の選挙戦に移行する役割も担うようになった。

新たな動きは、選挙対策責任者のコーリー・ルワンドウスキ氏の信念である「Let Trump be Trump(トランプ氏がトランプ氏らしくいられるようにする)」からの方向転換を示す。ルワンドウスキ氏によれば、マナフォート氏がいるおかげで、ルワンドウスキ氏は全てを仕切るのでなく「日々の運営を監督する」ことに集中できるという。

改革の一環として、トランプ氏は27日にワシントンで外交関連の演説を行う。経済と安全保障の関係もテーマだ。同氏は「われわれは諸国を守っている。そして、その防衛にふさわしい代償を受け取っていない」と述べた。

→配信元で見る

「どう伝えるか」より「どうしたら伝わるか」を自問せよ

1日で、思わず聞き惚れてしまうほど、「話が面白い人」がいる。私もそんなふうに変身したい! これさえマスターすれば、簡単になれる効果抜群の方法を伝授しましょう。

そもそも私は、話すのが上手いか下手かを意識したことはありません。ただ、現在と比べると、若いころの私の話は、相手に十分伝わっていなかったかもしれません。その意味では、決して上手ではなかったように思います。

コミュニケーションには必ず、相手に「こう動いてほしい、こう思ってほしい」という目的があります。私がそのことに気づいたのは30代前半、ゴールドマン・サックス証券のゼネラル・パートナー(共同経営者)を務めていた時代です。

あるとき、東京駐在のもう一人のゼネラル・パートナー、ジョージの秘書であるNさんから、「どうもジョージとうまくいかないのですが……」と相談を受けました。

彼女は、ゴールドマンの東京支社では私よりも経験が長く、英語も堪能で、非常に有能な人です。一方、ジョージも、私が知っているかぎり悪い人間ではありません。要するに、2人は馬が合わなかったのです。そこで私は彼女に「ジョージはいい人だから、思っていることをちゃんと言ったほうがいいよ」とアドバイスしました。

「わかりました。ダメもとでジョージに話をしてみます」。Nさんは素直にそう答えました。ところが、その返事を聞いた私の口からは、自分でも意外な言葉が飛び出したのです。

「Nさん、それは違う。ダメもとじゃダメ。絶対にわかってもらうんだという強い気持ちで話さないと、何も伝わらないし、わかってもらえないよ」

当時、私は全世界のゴールドマンのゼネラル・パートナーの中で最年少。ですから部下には年上の人が多く、おまけに外資系なので言葉の壁もあって、社内のコミュニケーションにはものすごく苦労していました。相手にどうやってこちらの意図を伝え、希望どおり行動してもらえるかということが、いつも頭の中にあったのでしょう。だから、Nさんの「ダメもとで」という言葉に、「違う」ととっさに反応したのだと思います。

そして、Nさんにそう言ったことで、コミュニケーションの本質は相手を変化させることなのだという事実を、自分でもはっきり自覚することができたのです。いま思えば、まさしくそこが転換点となって、以後私のコミュニケーションは、それを意識したものに変わっていきました。

スティーブ・ジョブズ-驚異のプレゼンで学んだ3つのテクニック

-スティーブ・ジョブズに学ぶ9つのプレゼンのコツ

① 結論・アウトラインを先に言う

LOS ANGELES, CA – SEPTEMBER 23: Co-Founder of Apple Steve Jobs is featured in the In Memoriam tribute during the 64th Annual Primetime Emmy Awards at Nokia Theatre L.A. Live on September 23, 2012 in Los Angeles, California. (Photo by Kevin Winter/Getty Images)

① 結論・アウトラインを先に言う

スティーブ・ジョブズは最初に結論(ゴール)とアウトラインを設定し、聴衆が話を追いやすくしている。

お気に入り詳細を見る

彼は、プレゼンの最初に聴衆に結論(ゴール)とアウトラインを明確に伝えている

出典ジョブズ伝説のスピーチが人々を魅了する理由から学ぶプレゼンのコツ – Kisobi キソビ

探して追加|アップロード

【 iPhone の「マルチタッチ」技術を説明した際の例】
「われわれは、世界でもっとも優れたポインティングデバイスを使うことにした。われわれが生まれつき持っているデバイス、われわれの指だ。」そしてその後、「マルチタッチ」技術を説明する。

最初に示すことにより、聞き手が覚えられるようにする

最初に結論(ゴール)が見えていることによって、聴衆が「今からこれに向かって話していくんだな」と理解できる。

プレゼンの始めと終わりに聴衆に確認している

出典ジョブズ伝説のスピーチが人々を魅了する理由から学ぶプレゼンのコツ – Kisobi キソビ

始めだけでなく、プレゼンの終わりにも聴衆に確認し、印象づけている。

② 要点(ポイント)は3つでまとめる

CUPERTINO, CA – APRIL 08: Apple CEO Steve Jobs speaks during an Apple special event April 8, 2010 in Cupertino, California. Jobs announced the new iPhone OS4 software. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

② 要点(ポイント)は3つでまとめる

【 初代 iPhone 発表の際の例】
「今日われわれは、3つの革命的な製品を紹介する。第1は、タッチコントロールを用いたワイドスクリーンiPodであり、第2は革命的な携帯電話だ。そして第3は、ブレイクスルーを引き起こすインターネットコミュニケーション機器だ。これらは、別々の3つのデバイスではない。これは1つのデバイスだ。本日、Appleは電話を再発明する!」

『人が短期記憶で取り扱えるのは、3点か4点がいいとこ』

人は10分で飽きる、要点(ポイント)は3つ以上はつめこまない、伝えたい言葉を繰り返す

出典スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 感想 カーマイン・ガロ – 読書メーター

 聴衆は基本、考えたくない。また、要点(ポイント)を示す際にはナンバリングを行うことが有効。ナンバリングとは「~について今から3つ話します。1つ目は~、2つ目は~、そして最後は~です。」というような表現のこと。

③ 難しい単語を使わない

SAN FRANCISCO, CA – MARCH 02: Apple CEO Steve Jobs speaks during an Apple Special event to unveil the new iPad 2 at the Yerba Buena Center for the Arts on March 2, 2011 in San Francisco, California. Apple unveiled the iPad 2 as the successor to its popular tablet, the iPad. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

③ 難しい単語を使わない

「聴衆に自分の伝えたいことが伝わること」が重要なので、聴衆が分からない単語を選んだり、具体的にイメージが湧かないような言葉を使うのはあまり好ましくない。

スティーブ・ジョブズは、ただでさえ難しいIT領域の話を専門用語を多用せず、製品同様にシンプルにプレゼンをした。

” 彼はプレゼンで複雑な専門用語を使わなかった”

スティーブ・ジョブズがプレゼンで使っている英単語や表現はかなりシンプルなものが多い。

物事の本質はシンプルな言葉で表現できるし、シンプルにしないと聴衆に伝わらない

④ 短い一文で製品やサービスを表わす

SAN FRANCISCO – JANUARY 11: (FILE PHOTO) Obituaries In 2011: As 2011 comes to a close, we look at 25 famous personalities that have died in 2011. Please refer to the following profile on Getty Images Archival for further imagery and additional Obituaries of 2011. http://www.gettyimages.co.uk/EditorialImages/Archival?parentEventId=107851819 Apple CEO Steve Jobs delivers a keynote address at the 2005 Macworld Expo January 11, 2005 in San Francisco, California. Jobs announced several new products including the new Mac Mini personal computer starting at $499 and the iPod shuffle MP3 player for $99. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

④ 短い一文で製品やサービスを表わす

聴衆に理解しやすい簡潔なヘッドラインを作成する。

”きるだけシンプルなメッセージ、ツイッターに投稿してもおかしくないヘッドラインを作る”

記憶に残る瞬間を演出するコツは、部屋を出た後も聴衆に覚えていてほしいことをひとつだけ、ひとつのテーマだけに絞ること

【 初代 iPod 】
「iPodはガムより小さくて軽いんだ」
「1000曲をポケットに」

【 初代 iPhone 】
「今日、アップルは電話を再発明する」
「どんなケータイより賢く、超カンタンに使える」

【 iPhone 3G 】
「iPhone 3G。速度は2倍、価格は半分」

【 MacBook Air 】
「MacBookにiPadが合体するとこうなるんだ」

⑤ 数字を効果的に活用する

SAN FRANCISCO – JANUARY 27: Apple Inc. CEO Steve Jobs holds up the new iPad as he speaks during an Apple Special Event at Yerba Buena Center for the Arts January 27, 2010 in San Francisco, California. Apple introduced its latest creation, the iPad, a mobile tablet browsing device that is a cross between the iPhone and a MacBook laptop. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

⑤ 数字を効果的に活用する

定量的な説明は有効だが、単に数字を並べるだけでなく、聴衆がイメージしやすいように効果的に数字を用いる。

大きな数字だけをポンと投げださない。みんなにわかりやすい文脈を添える

Continue reading

ビジネスをするなら誰もが知っておくべきコト

今日の内容は
【ビジネスをするなら誰もが知っておくべきコト】

ビジネスの”本質的”な
部分をついて学んでいきましょう。

相当重要な内容になりますので
ガッツリ吸収してあなたのビジネスに
活かして頂きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビジネスにはたくさんの種類があります。

・ネットビジネス
・MLM(ネットワークビジネス)
・リアル店舗経営
・ネットショップ経営
・アフィリエイト
・イベンター
などなど。

どのビジネスも僕は
本当に素晴らしいもので
どれが一番なんてものは
ないと思っています。

価値観は人それぞれで
好みも千差万別だから
手段に関しては好きなモノを
選んでやればいいと思います。

ただどのビジネスでも結果を
出すためには”大事な本質的”なことを
理解していなければ
成果を出すのは難しくなります。

ではビジネスにおいて
大事な本質的なこととは?

==============

ビジネスは

【広め方】と【売り方】が”命”

==============

例えば
『世界一美味しいラーメン』
を販売しているラーメン屋だけど
『誰にも知られていない』
ラーメン屋と

『地域では一番美味しいラーメン』
を販売しているラーメン屋だけど
『日本中の人が知っている』
ラーメン屋だったら
どちらが売れますか?

答えは簡単ですよね。

間違いなく後者です。

今の世の中は
良い商品、
良い仕組み、
良い会社は
腐るほどあります。

それなのに売れないと
悩む人が多いわけなんですね。

その理由は結局のところ
『広め方』と『売り方』が
理解できていないからなんです。

需要のほうが供給よりも
多くなっている今は
いかに自分の持っている
商品、仕組み、会社を
知ってももらうか

いかに自分の持っている
商品、仕組み、会社を
売っていくのか
これがビジネスをする上では

”命”とも言えます。

結局は商品やサービス自体を
知られていなければ

そしてその売り方を知らなければ
どんなに良い商品でも
どんなに良い仕組みでも
どんなに良い会社でも
売れないのが現実です。

それを理解していないで
「◯◯のビジネスしています」
「△△のお店を経営しています」
「☆☆のショップをしています」
と頑張っていても
なかなか結果もでないわけなんですよね。

どのビジネスでも共通して
『広めて売る』とういうことが
必要になります。

ラーメン屋でも整体でも美容院でも
ネットショップでもアフィリエイトでも
スクール事業でも営業代行でも
なんでもそれは一緒です。

ではさらに理解を深めるために
ビジネスの一連の流れ
を紐解いていきましょう。

===============

ビジネスの流れを紐解くと

『集客→教育→販売→LTVの向上』

===============

まずは『集客』

先程も言ったように人が
集まらないところには
どんなに良い商品があっても
『売れません』

ですから人をいかに多く
集められるかが
めちゃめちゃ大事な部分になり
第一段階でもあります。

次に『教育』
これはあなた自身のことや
商品やサービスが欲しいと
思うような情報提供を
していくことです。

そして『販売』
これはそのままで
商品やサービスを
提供することですね。

最後に『LTVの向上』
LTVというのはLife Time Valueのことです。
簡単に説明すると

”一人のお客様が企業にもたらす利益”

これを向上させることで
ビジネスを加速・安定
させることができます。

この一連の流れをしっかりと理解すれば
『広げ方』『売り方』がいかに
重要か分かるかと思います。

全ての工程がスムーズに
咬み合ってこそビジネスは
加速します。

この流れのうち一つでも欠けていると
購買率はグンと下がります。
逆にこれさえスムーズに出来たら

実はどんなビジネスでも
成果を出すことは簡単なんです。
目の前の小さなノウハウに

惑わされないで
根本的なところをみていきましょう!
また『広め方』『売り方』
については僕の公式LINに登録された方限定で
個人的にもお伝えしていきます。

お気軽にどうぞ。

登録はコチラ↓

20160126113548

ビジネスの根本原理

最近やたら”ビジネス”という言葉が

飛び交いビジネスの定義が危ういなと
思い少し書いていこうと思います。

みなさんは各自で、
色んなビジネス
やっていることだと思うのですが、

Wikiさんの言葉を借りると、

 

===================
一件あたりの商談、商取引、売買、など
(商売)を表すビジネス

例 : ビジネスが成立した。

仕事や職業、業務などを表すビジネス
例 : 私のビジネスは……

商業活動や経済活動全般を表すビジネス
例 : 昨今のビジネスは……
ビジネス界においては……
===================

 

これがビジネスの定義です。

 

ネットを使った
ビジネスをやっているとか
よく耳にするのですが、

仕事そのものが
ビジネスだと
言う事を

分かっていただきたい。

 

実際ビジネスと言われたら
出来るイメージがあるので
正直カッコイイ部分はあります

ですが悪い印象もあります。

 

稼がせますとか、
低資金で始めれるとか
言っている人間が多いので、

 

カッコイイ
イメージと並行して、

怪しい”と思う人が
多いのも事実。

 

実際
ビジネス情報販売

定義が印象に残っている人
多いと思うのですが、

そう思っていたら
今後も詐欺に引っかかる確率
極めて高くなるかと思います。

 

じゃあビジネスの定義は何?




















ビジネスとは=価値の提供

 

これはビジネス
根本原理でもあります。

価値を提供し、お金をもらう
と言う事です。

 

詐欺まがいな人間は
自分の利益を第一に考え

一流の人間は、
一人でも多くの人間に
価値を届けようとします。

 

稼ぎ方が違うという事です。

 

情報業界だけではなく
価値の提供】は、

どのビジネスにも当てはまり、
知らない奴は笑われるだけです。

 

価値の提供をし
お金をもらう。

 

ギブandテイク

これが当てはまるのかなと。

価値を与えて与えて
最後に感謝でお金をもらえば、

買わなくても
相手にはたくさんの
価値を提供出来るので、
とても良い事だと思います。

 

ギブギブギブテイクぐらいの
勢いで情報をたくさんぶちまければ

自然と良いビジネス
なってくるのは間違いない事です。

 

久々に感情的に書いたのですが、
意味が伝われば満足です笑

 

=====次回は=====
ビジネス=価値の提供
ですが、

その価値をどのように
広めていくか
を書いていこうと

思います(^ ^)

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

自由への進撃 人気ブログランキング

あーまじ”悔しい”。

今日は素直に思った事を
ぶちまける日
です。

 

人間って
甘いし” ”素直”ではないなと。

 

ちょっと前に、
人間は甘えん坊だから
みたいなをしました。

タイムマネジメント
↑その記事

 

なんか最近
辛い思いとか、
しませんでしたか?

 

辛い思いした時
人ってだいたい

 

隠したり
悔しくて何かしたり

 

様々な心理的な行動
起こすと思います。

 

隠す”選択を
する人が多いと、

勝手なイメージですが
僕はもっていて

 

それはダメだよなって
言うのが素直な意見

 

なぜか?

 

隠して
何になる??

 

正直”隠す”というよりは
逃げる”と言ったほうが
正しいなと思います。

 

どうして隠すのかを
考えた時
に、

嫌だから

なんですよね。

 

自分が嫌な事は
ストレスや、
プレッシャー
になる。

 

だから理由をつけて逃げる

それが人間だと思います

 

マインド的な話ですが

よく悔しい気持ちをバネ
前に進め。成長しろ

と、よく言いますが
最近の経験
その言葉を強く感じました

 

隠しても
何にも解決になっていないし
得られる物も少ない

隠さずに正面から
立ち向かったほうが、

欠点を治せるチャンスだったり

 

【悔しい】思いは
復讐に似た感情で

強く闘争本能
くすぐられました。

 

【やってやるぞ】

【この野郎】

【ふざけんな】

 

この気持ちで動いている
人間は多いはず

そしてその一人で
ある僕がいます。

 

facebook創設者CEO
マークザッカーバーグは、

facebookを作るきっかけは、
彼女に振られたから

 

見返してやろう

 

と思って始めたそうです。

 

辛い気持ちを
素直に受け止めて行動するのが
良い
とは言いませんが

決して悪い事でも
ないのだと思いました

 

今は隠す選択から
立ち向かう選択を
した20歳です

 

20年間もったいないと
思いましたが、
無駄な20年があるから
気づけた今日なので、

 

それも意味のある
20年なのだと

 

明るい明日が
まっているから頑張ろう!!

 

なんて言いません。

ただ、一緒に
逃げずに立ち向かおう】と
言いたい。

 

 

ではでは今日はこの辺で。

自由への進撃 人気ブログランキング

ではでは今日はこの辺で。。

成功より失敗を目指しませんか?

本日のタイトルは

失敗を目指しましょうよ

 

 

 

あなたは何かを
『成功』したことは
ありますか?

 

 

 

 

今あなたが

 

「あります!!」

 

 

 

と答えた方に聞きます。

 

 

 

 

その『成功』するのに

あなたは
どれだけの『失敗』
積み重ねてきましたか?

 

 

 

 

答えは人それぞれで
ほとんどの人は
たくさん失敗してきたと
思います。

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

『成功』とは

 

 

 

いわゆる

『失敗の塊』

だということです。

 

 

 

ほとんどの人は
成功を目指していますが

 

 

 

 

成功したときには
多くの失敗
積み重ねているんです。

 

 

 

 

そうとわかれば
成功するには
どうすればいいか
一目瞭然です!

 

 

 

思考
変えればいいんです。

 

 

 

たくさんの失敗
積み重ねて
いけばいいんだ

 

 

 

ということに!

 

 

 

つまり

成功多くの失敗

だということです。

 

 

 

失敗とは
何かをやって
得られたデータなんです。

 

 

 

これは
こうやって
こうやったから
失敗したんだ。
というデータです。

 

 

 

だから
失敗のデータ
たくさんあればあるほど
データが蓄積され

 

 

 

それが逆に
知識の『財産』
にもなるんですね。

 

 

 


『知識』=『財産』=『価値』

 

 

 

この方程式の中に
当てはまってしまうんです。

 

 

 

これらのことから
導き出されるAnswer

 

 

 

『成功を目指すのではなく
多くの失敗を目指すことです。』

 

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

自由への進撃 人気ブログランキング