Tag Archives: 最強媒体

個人メディアが「資産」となる時代

『個人メディアが「資産」となる時代』

 

個人メディアの重要性を紐解きます。

 

最近の相談や依頼に来る事業主や経営者、
とある不動産会社 からの相談もそうだったんですが、
共通している悩みだったので文章にして書きます。

 

メディア(media)とは、情報の記録、伝達、保管などに用いられる物や装置のことである。媒体(ばいたい)などと訳されることもある。記録・保管のための媒体とコミュニケーションのための媒体とに大別することができるが、両者には重なりがある。

Wikipedia参照

 

それが、

『個人メディアが「資産」となる時代』
ということなんです。

 

ビジネス、経営、生きてく上で、
必要不可欠・必須になった「個人メディア」。

 

今は確実に、

ーーーーーーーーーーーーーーーー
個人メディア必須の時代。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

しかも、その質によって、
事業・経営そのものが左右される。

 

まあ、オウンドメディアも勿論大切ですが。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

念の為に解説しますが、

「オウンドメディア」とは、
企業が自社で所有するメディアのこと。

 

大切だけども、
消費者の価値観が多様化してしまって、
マス・マーケティングの効果が見込めなくなった今、
マス時代には無かった要素が必要になってきたわけです。

 

それが、

「顧客との関係性の構築」が
めちゃくちゃ重要な要素なのです。

 

================
これは企業でも、個人でも同様。
================

 

オウンドメディアや、
個人メディアを持つことが、
マーケティングにおいて必須事項なんです。

 

まだまだこの問題に気付いていない人が多い。

 

キャバクラでも水商売でも、
昔だとホームページ、ブログが普通だが、
今はキャスト(女の子)が自らでメディアを持つ。

 

そして、ソーシャルメディアで「集客」をする。

 

コレが未だに出来ていない企業も多い。

 

中でも、スモールビジネスや、
個人でビジネスを持っている人にとって、
めちゃくちゃ影響は大きいでしょう。

 

確実にそのメディアの質によって、
事業レベル、売上レベルで左右されてしまう。

 

逆に上手にメディアを使いこなし、
味方にできた人は大きな成功を得ることが可能。

 

僕もこうやって、
着々とソーシャルメディアを使いこなして、
はや二年でココまで来たわけです。

 

ブログだって、Facebookだって、
twitterだって、アメブロだってそうですが、
必要にかられて始めたことで”イマ”があります。

 

あの当時、個人メディアを開設していなければ、
今頃は破産していたかもしれないでしょうし。

 

大袈裟に言うと、僕は、
ソーシャルメディアによって生かされた。

 

その経験を少しでも多くの人に、
伝えられたらなとと思っているのでシェアします。

 

=================
組織の時代が終わり、個人の時代
=================

 

これからも現在も「個人の時代」。

 

終身雇用制度も崩れ、
ブラック企業が目立つが分かるけど、
個人の力が弱い人間は企業の消耗品でしか無くなる。

 

そんなことは望んではいないけども、
格差社会への時代の流れはもはや止めれないでしょう。

 

最近もニュースで大手企業のリストラが目立つが、
今後はもっともっと悪化していくでしょう。

 

それに気付いていない事が俺は問題だと思う。

 

そして1番怖いのが、
企業や会社、国に頼れなくなった今、
これからはどうすれば良いのか。

 

というコト。

これは、常に自己研鑽に励み、
個人の能力を高め、それをアピールするしかない。

 

その為にも個人メディアは重要な要素。

 

Webの世界を支配するGoogleもそうです。

 

被リンクだけでなく、
”オーサーランク”を新たな評価軸として、
アルゴリズムの変更を匂わせているのも事実。

 

“オーサーランク”とは、
記事を書いた人の評価のこと。

 

Googleが個人を評価する時代になるということ。

 

今後は個人を評価する会社が産まれる可能性もある。

 

受験生の偏差値のように。
(人権団体が反対しそうだけども。)

 

間違いなく、「個人の能力」が、
モノを言う時代なのです。

 

だからこ、
「個人メディア」は資産です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

個人メディアは、
人生を左右するほどの影響力を持つ。

 

実査にソーシャルメディアで、
人生が激変した人は多くいることでしょう。

(ユーチューバーとかユーチューバーとか笑)

 

上手に個人メディアを育てれば、
富を産み続けるビジネスを構築することが可能だ。

 

自分の持てる有益な情報を、
個人メディアで発信し続ければ、
それは間違いなく「資産」となります。

 

それは、僕が証明しているでしょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

僕が何故こんなに忙しいのにも関わらず、
ここまで頻度で情報発信をして更新し続けるのか。

 

例えば、

ブログを毎日書き続けると、
その記事の1つ1つがアクセスを呼び込み、
自動で顧客を連れてきてくるわけです。

 

コンテンツを積み重ねる事で、
「資産構築」ができてしまうんです。

 

そして、過去の「マス時代」と違い、
それには多額の資金は必要とされない。

 

電気代くらいかな・・・笑

 

後は、独自ドメイン、サーバ代くらいで、
年間予算は5,000円程度ですかね。

 

で、今回の話をまとめると、

==================
個人メディアを持つ事は絶対に必要。
==================

 

最初は更新しても、
なかなかアクセスも集まらず、
時間の無駄だと感じるかもしれない。

 

殆どがそれで挫折をして、
アクセスが集まらないと勘違いをして、
ソーシャルメディアは駄目だとか言い出す。

 

しかし、工夫を重ね、
正しい努力を積み上げれば、
検索エンジンに評価されるようになり、
ビジネスを支える貴重な資産となるわけです。

 

コツとしては、
とにかく”前を向き続き”、
何よりも”続ける事が大事”。

 

また、公式LINEの方には、

継続的に個人メディアを持つ意味やメリット、
運用の仕方、ノウハウ、必要なマインドなど、
僕の持てる知識のすべてをお伝えしていきます。

400×300 新

 

facebookは最強?!

普段僕たちが使っている

facebookについて


理解を深めて行く為
少し真面目な話を。

 

 

 

 

 

facebook
海外の利用者を含めて、

 

 

 


13億5000万人

 

 

 

 

そして日本での
国内利用者は、

 

 

2400万人

 

 


そして、

1ヶ月に最低1回サービスを

利用するユーザーの割合は

 

 

53.1%!!

 

 

 

人が集まるコミュニティーでは
最大規模ですし、
世界規模で見ると

 


1日で7人に1人が
使っている
計算になります。

 

 

 

 

 

 

たくさんの
SNS】がある中で

 

ここまで大きな媒体や、
親密度の高いもの、


場所はないと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

1いいね】に対して
後ろ側で10人見ているという

統計データがあります。

 

 

 


つまりたくさんのいいね
押してもらえれば、


それだけたくさんの人間に、
商品だったり自分を
売り込む事が、
できるようになります。

 

 

 

 

 

 

現段階で僕自身が

 

650いいね

 

押してもらえる媒体を
15日ほどで作りました。。

 

 

 

 

 

 

って事は、僕の媒体で
何かを呼びかけると

 

6500人】にアプローチが

できる事になります。

 

 

 

 

 

 

 

決して高いをお金を
払って広告費を出さなくても

 

 

 

 

 

 

集客する媒体としては、

最強】媒体であると言えます。

 

 

 

何よりアクティブ率や
70以上の国で使われている事や、

 

 

 

一流ブランドが
使っている事を考えると、
かなり良い媒体だと言えます。

 

 

 

 

 

facebook
TwitterLINEなど

 

各SNS媒体の用途や目的を
しっかり理解する
ことで

 

その媒体を
フル活用することが
出来るようになります。

 

 

 

 

 

 

 

過去を振り返ると
昔は【文通】をして

 

 

 

 

 

好きな相手と
連絡を取り合う。

 

相手を強く思う
気持ちから

 

 

早く連絡を取りたくて、
メール】を使って

 

連絡をとりあって
今では相手が、

 

 

読んでいるのか、
安否はどうなのか

知りたい気持ちから

 

 

既読”がついたら

 

 

LINE】へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの時代も
人の為に】発展し、

 

人の生活を

良くしてくれる。

 

 

 

 

 

いつの時代も
ITの中心には

 

 

】がいる。

 

 

そう考えると
人の繋がりは大切にしたい
と思えるから、

 

facebookSNSには
人が集まって交流が
出来るのかもしれない。

 

 

 

そう考えると
出会いを大切をしたいですし、

 

 

 

 

色んな方に【SNS】の
可能性を知って欲しいですね。

 

 

 

では、今日はこの辺で